【グローバル教育相談室19】オーストラリアで大学に進学したい…入学するまでのプロセスは?

globalfamily_title

豪州の大学進学のしくみ

オーストラリアへ高校留学後、そのまま現地の大学へ進学したいと考えています。

ちょっと調べてみたのですが、オーストラリアで大学に進学する場合、日本とはかなりプロセスや試験方法が異なるようです。

大学に入るまで、どのような流れになるのでしょうか?

合理的な進学システム

国によって、高校から大学へ進学するプロセスが異なるため、留学生にはとてもわかりにくいですね。

今回は、オーストラリアの高校からそのまま大学に進学する場合について説明します。

入学試験のスケジュール

まず、オーストラリアでは、高校の卒業式が10月から11月ごろにあります。

卒業式終了後、11月初旬ごろから各州の統一試験や国際バカロレア(IB)試験が開始され、試験期間はおよそ3週間ほどとなります。

オーストラリアでは、日本のように大学ごとの試験は実施されず、この統一試験かIB試験の結果で進学先が決定するしくみになっています。

受験者は、卒業した高校で試験を受け、試験終了後は大学からのオファーを待つだけなので、他州の大学を希望していたとしても、受験のためにそこへ行く必要はありません。

この試験だけでなく、大学によっては、試験で語学を選択していたり、家庭の経済状況により、ポイントを加算する場合もあります。

志望校の登録

志望大学は、卒業式よりもまえの8月ごろに、各州の入学試験を管理している機関に志望校の登録をおこないます。

登録はオンラインで行え、受験者の情報と志望校を志望順に5校から6校程度入力して終了。書類の提出などはとくにありません。

居住している州以外の大学も受験可能なので、複数の州に申し込みをおこえば相当数の大学にアプライが可能になりますね。

受験にかかる費用ですが、登録料として20~30ドル程度が発生しますが、各大学への受験料などはありません。

大学の決定

各州の統一試験試験の結果は、12月の中旬ごろに発表され、その結果に応じて志望大学からオファーが来ます。

IB受験者は、結果が出るのが1月初旬となるため、オファーは少し遅めになります。

このオファーは、自分の試験結果が志望大学の上位から審査され、受け入れが可能と判断した大学からくるもの。

たとえば、第1志望にA大学の経済学部、第2志望にB大学の経済学部を登録していた場合。

試験結果がよく、第1志望の大学で受け入れが可能であれば、A大学からオファーがきます。A大学で受け入れ不可だった場合は、B大学で検討されます。

ちなみに、各州の統一試験の結果やIBの試験結果を比較する方法として「ATAR」(Australian Tertiary Admission Rank)という指標が設けられています。

各試験を統一された基準によって換算し、その結果によって審査されるシステムとなっています(クイーンズランド州を除く)。

成績がとてもよく、奨学金対象者になった場合は、これらのオファーの前に奨学金つきのオファーがくることもあります。

授業料の免除や大学での仕事のあっ旋、遠隔地の学生だと実家と大学間の年1回の交通費支給などさまざまな特典が付く場合もあります。

オーストラリアの大学進学システムは一見複雑ですが、オンラインで志望校の登録ができ、試験は1回で終了、費用がほとんどかからない、志望校を多く選択できることなどを考えると、とても効率のいい試験システムだといえます。

注)記載されている時期は、州や年度によって異なりますので、留学前に最新の情報でご確認ください。

回答者/崎田和紗子

10年前に渡豪後、現地にて日本人のための教育機関にて教育管理や学習指導に携わりながら、日本人親子の教育や精神面のサポートを行う。2013年に「国際教育支援研究所」を設立し、国際教育で生じる不安や悩みについて、保護者や子供たち、教師を対象としたサポートと親子の理想の教育を実現するためのプラン作成「教育デザイン」の指導を行っている。「崎田和紗子」の名は、6年前の誕生日に支援を受けたお礼にと子供たちからその名前の一字ずつを合わせて贈られたもの。「子供たちの未来のための仕事」という初心を忘れないために、仕事の大切なパートナーとして使用している。

to_form

 

関連記事

  1. 【グローバル教育相談室14 】第1志望は日本の国公立で第2は海外大学。どちらが就職に有利?

  2. 【メルボルン大学】IBの学びとスコアが最大限活用できる、豪トップ大の濃密な3年間を大公開

  3. 【グローバル教育相談室05】大学の教育改革やグローバル化で「帰国生枠」受験はどうなる?

  4. 【グローバル教育相談室04】日本語嫌いにしないための、英語環境の日本語学習法<書き方編>

  5. 【グローバル教育相談室18】海外では「ギフテッド」はどのように発見され教育されている?

  6. 【グローバル教育相談室10】海外大学を受験する際に必要な「統一試験」や「修了資格」とは?

  7. 【グローバル教育相談室17 】秋入学の増加で注目される「ギャップイヤー」、海外の事情は?

  8. 【グローバル教育相談室03】英語環境での日本語の「読み書き」学習の進め方は?<読み方編>

  9. 【グローバル教育相談室01】中高一貫校受験より海外? 中学から海外で学ぶことのメリット

グローバルエデュのプラン

7,575Fans
3,024Followers
125Followers
  1. 【ブリティッシュ・カウンシル】完全英語環境で仲間と課題解決に挑…

  2. 【ブリティッシュ・カウンシル】マイクラも体験できる…30時間完全英…

  3. 【樫尾俊雄発明記念館】人の役に立つアイデアを募集!小学生対象「…

  4. 【ラグビースクール・ジャパン】北海道で音楽やドラマを学ぶ2コース…

  5. 【テンプル大学】小学生〜大学生約1000名募集!英語漬けで学ぶ夏休…

  1. グローバルリーダー養成プログラム「TOPPA!!」

  2. アントレ&リーダシップ教育「DECA JAPAN」

  3. 帝京大学可児高等学校「国際バカロレアコース」(2022年9月開講予定…

  4. 成長のチャンスに満ちた国際学生寮「U Share西早稲田」

  5. ブリティッシュ・カウンシル英会話スクール

may, 2022

17mayallday【〆切】レゴ「Build A World of Play Challeng」

20mayallday【締切】ブラウン大学 Summer@Brown 2022https://precollege.jp/event/summerbrown2022

20mayallday【〆切】「埼玉発世界行き」2022年度奨学生

21mayallday6つの教育機関が集結!「サマープログラム2022合同説明会」

27mayallday【締切】東京都「次世代リーダー育成道場2022」https://precollege.jp/event/tokyo_globalleader2022

29mayallday【〆切】DECA JAPAN「起業力塾2022夏」

29mayallday【〆切】TOPPA CAMP

31mayallday【〆切】高校生科学教育大賞

31mayallday【〆切】SENPAIプログラム2022春

31mayallday【〆切】日本生物学オリンピック2022

X