イベント

【トビタテ!グローバル教師フォーラム】海外派遣教師の経験を日本の教育に活かすには?8/5

グローバル教師の力を日本の教育現場で活用せよ

「文部科学省」は、「第2回トビタテ!グローバル教師フォーラム」を、2019年8月5日(月)に開催します。

今回は、「在外教育施設から帰国した教師の派遣経験を国内の学校のグローバル化に活用するには」というテーマで、日本人学校および補習授業校に派遣されていたグローバル教師(小中学校等の教師)の優れた取り組みを紹介します。

  • 応援メッセージ…中西哲生さん(スポーツジャーナリスト、元Jリーガー)
  • 1部「取組発表」…浜松市教育長・花井和徳さん、帰国教師・雨宮真一さん(東京学芸大附属国際中等教育学校副校長)
  • 2部「パネルディスカッション」…コーディネーター/目白大学人間学部児童教育学科専任講師・近田由紀子さん、パネリスト/1部で発表した帰国教師、教育委員会、海外子女教育振興財団理事長・中村雅治さん(企業代表)、フレンズ帰国生母の会代表・池谷明子さん(保護者代表)、

参加を希望する人は、「海外子女教育振興財団」公式サイトから申し込みを。


【第2回トビタテ!グローバル教師フォーラム】

  • 主催:文部科学省・海外子女教育振興財団
  • 日時:2019年8月5日(月)15時~18時
  • 場所:「文部科学省」3階講堂(東京都千代田区霞が関3-2-2
  • 対象:英語教育や日本語指導、国際理解教育などグローバル教育に関心のある人
  • 定員:500名

最新情報をFacebookにて
いちはやくお届け!

Globaledu on Weekends

Globaleduで紹介した記事を、その週末の土曜朝にメールマガジンにまとめてお届けします。家族が集まる週末は、未来の学びについて考えるチャンス。プランニングのヒントとして活用してくださいね!

Thank you for subscribing.

Something went wrong.

Tags
Close
X