【グルー・バンクロフト基金2022】米国名門リベラルアーツカレッジなど4年間で最大20万ドル支給 9/15〆

米国大進学希望者は要チェックの奨学金

「公益財団法人グルー・バンクロフト基金」は、2022年夏に日本を出発し米国の大学へ進学予定の奨学生11名を、2021年9月15日(金)まで募集しています。

グルー・バンクロフト基金は、終戦直後から日米相互理解に尽くした駐日米国大使の名を冠し、国際社会に貢献する人材育成を目的とする伝統ある支援プログラム

対象となるのは、高校3年に在学中で2022年6月までに卒業見込みの人、もしくは応募時に高校を過去1年以内に卒業した人(家庭の所得金額が2000万円以下であること)。

募集内容や選考スケジュールなど

グルー・バンクロフト基金の特徴は、アメリカ各地にある一流のリベラルアーツ・カレッジを中心に留学生への奨学金サポートを行っている点。

リベラルアーツ・カレッジは、学生数2000人程度の比較的小規模な教育機関で、少人数制による密度の濃い授業、人文・自然・社会科学といった幅広い学問分野の履修、寮生活での世界各国の学生との共同生活などを特色としています。

奨学金は、2名枠の「奨学金1」では、リベラルアーツ・カレッジへの進学者を対象に毎年5万ドルを4年間支給。1名枠の「奨学金2」では、米国の4年制大学(リサーチ大学などリベラルアーツ以外も可)への進学者を対象に、同じく毎年5万ドルを4年間支給します。

いずれも、グルー・バンクロフト基金から志望校2校に推薦状を送付しますが、奨学金1の場合リサーチ大学は推薦対象になりません。

さらに、提携校への推薦枠が8名設けられています。これは「奨学金1」への応募者のなかから、以下の提携校の奨学金制度に推薦状を送付します(定員は各校につき1名ずつ)。

  1. Carleton College…第1志望者に対し授業料全額免除へ推薦。基金より毎年1万ドルを4年間支給
  2. DePauw University…第1志望者に対し授業料全額免除へ推薦
  3. Grinnell College…第一志望者に対し授業料全額免除へ推薦(家庭の経済事情により全額免除にならない場合あり)
  4. Union College…第1志望者に対し授業料全額免除へ推薦
  5.  Knox College…第1志望者に対し大学からの授業料一部免除(3万5000ドル以上)へ推薦。基金より毎年1万ドルを4年間支給
  6. Lake Forest College…第1志望者に対し大学からの授業料一部免除(2万5000ドル以上)へ推薦。基金より毎年1万ドルを4年間支給。
  7. Earlham College…第1志望者に対し大学からの授業料一部免除(70パーセント以上免除)へ推薦。基金より毎年1万ドルを4年間支給
  8. Mount Holyoke College…第1志望者に対し大学からの授業料一部免除(2万5000ドル以上)へ推薦

また、当基金の支援を受ける学生には、保護者負担の費用が毎月1万円(毎年6月に1年分を請求)発生し、留学生支援のための経費に充当されます。

応募対象は、2022年6月までに卒業見込みの高校3年在学者、あるいは、応募時に過去1年以内に高校を卒業した人(高卒認定試験合格者含む)。

さらに、留学先への在学期間中、日本国籍を有すること、家計支持者の所得金額(父母の合算額)が2000万円以下であることが求められます(保護者同伴面談時に、2020年の所得証明書や課税証明書の提出が必要)。

選考スケジュールは、9月18日~25日に書類選考、10月3日に面接試験、10月9日or10日に保護者同伴面談という3段階プロセスとなっています。

応募者は、「グルー・バンクロフト基金奨学生」公式サイトより手続きを行ってください。

その際、英語能力試験スコアと800字以内の小論文(「米国大学留学希望理由と将来の抱負」)をアップロード。英語試験は、TOEFL、IELTS、Duolingo、TOEFLiBT Home Editionが認められ、実用英検は対象外。また、「奨学金2」の希望者のみ、小論文2(「進学希望大学とその理由」)を400字以内で追加作成します。


【グルー・バンクロフト基金奨学生2022】

  • 主催:公益財団法人グルー・バンクロフト基金
  • 対象:高校3年に在学中で2022年6月までに卒業見込みの人、もしくは応募時に高校を過去1年以内に卒業した人(所得条件は家庭の所得金額が2000万円以下であること)
  • 支給金額(返済不要):毎年5万米ドルを4年間支給(提携校8校は各大学により支援概要は異なる)
  • 募集人数:奨学金1(リベラルアーツ限定枠)/2名、奨学金2(制限なし枠)/1名、提携校への推薦/8名(リベラルアーツ限定枠応募者の中から選抜)
  • 費用:応募手数料1万円(別途決済手数料660円)、保護者負担として毎月1万円(1年分一括払い)
  • 応募期間:2021年8月16日~9月15日(金)
 

関連記事

  1. 【STEM(理系)高校生女子奨学金2022】メルカリCEOが最大100名に年間学費25〜50万円を支給 10/10〆

  2. 【トビタテ!留学JAPAN】最多は早稲田の30名…9期生の合格者は634名で倍率は3.1倍

  3. 【スラムダンク奨学金2021】米国のバスケ強豪ボーディングスクールに14ヵ月間留学 1/31〆

  4. 【JASSO】年間最大390万円支給…海外大進学志望高3必見「18年度海外留学支援制度」11/15〆

  5. 【ユニクロ】15年度からハーバード大学院留学生対象奨学金を3年間で計6名に最大1.2億円支給

  6. 【17年度フルブライト奨学金】米国で専門分野を研究…5プログラムで奨学生募集(4/1-5/31)

  7. 【トビタテ!留学JAPAN】3期生は404名が合格(最終倍率3.2倍)、最多は東大で24名選出

  8. 【毎月15日〆切】研修で10万円、留学で上限90万…「佐賀県中・高校生海外留学助成事業」

  9. 【トビタテ!留学JAPAN】高校生コース3期生選考結果が発表…応募数1904名から501名が採用

グローバルエデュのプラン

7,575Fans
3,034Followers
125Followers
  1. 【オーストラリア留学フェア2022】自動翻訳システム完備…約60の教育…

  2. 【ブリティッシュ・カウンシル】完全英語環境で仲間と課題解決に挑…

  3. 【ブリティッシュ・カウンシル】マイクラも体験できる…30時間完全英…

  4. 【樫尾俊雄発明記念館】人の役に立つアイデアを募集!小学生対象「…

  5. 【ラグビースクール・ジャパン】北海道で音楽やドラマを学ぶ2コース…

  1. グローバルリーダー養成プログラム「TOPPA!!」

  2. アントレ&リーダシップ教育「DECA JAPAN」

  3. 帝京大学可児高等学校「国際バカロレアコース」(2022年9月開講予定…

  4. 成長のチャンスに満ちた国際学生寮「U Share西早稲田」

  5. ブリティッシュ・カウンシル英会話スクール

may, 2022

17mayallday【〆切】レゴ「Build A World of Play Challeng」

20mayallday【締切】ブラウン大学 Summer@Brown 2022https://precollege.jp/event/summerbrown2022

20mayallday【〆切】「埼玉発世界行き」2022年度奨学生

21mayallday6つの教育機関が集結!「サマープログラム2022合同説明会」

27mayallday【締切】東京都「次世代リーダー育成道場2022」https://precollege.jp/event/tokyo_globalleader2022

29mayallday【〆切】DECA JAPAN「起業力塾2022夏」

29mayallday【〆切】TOPPA CAMP

31mayallday【〆切】高校生科学教育大賞

31mayallday【〆切】SENPAIプログラム2022春

31mayallday【〆切】日本生物学オリンピック2022

X