【ベネッセ】大学入試の外部英語検定試験採用を前提に開発…14年8月より「GTEC CBT」開始

大学入試での影響力が気になるところ

「ベネッセコーポレーション」(岡山市)は、2014年8月より英語4技能検定試験「GTEC CBT」(Global Test of English Communication Computer Based Testing)を実施開始します。

この「GTEC CBT」は、98年より実施されている年間62万人が受検する中高生向け英語運用力測定テスト「GTEC for STUDENTS」(GTECfS)をベースに、大学入学試験に採用されることを前提に開発。

「GTEC」テスト3種のすみわけ。 ベネッセ配布の「GTEC CBT」リリースより。

「GTEC」テスト3種のすみわけ。 ベネッセの「GTEC CBT」リリースより。

第1回目の試験は、14年8月2日(土)を全国47都道府県の公開会場で実施。個人受検となり、14年度は1度のみの実施予定となっています。

GTECfSがマークシート方式+自由記述形式を採用しているのに対し、「GTEC CBT」は、4技能をすべてコンピュータにより解答する方式。

問題数や試験時間は、リスニング(40問、約30分)、リーディング(40問、約55分)、スピーキング(7問、約15分)、ライティング(6問、約35分)。配点はそれぞれ350点満点で、合計1400点満点。

出題される内容は、学習指導要領が求める語彙や表現に加え、さらにその範囲を超えるアカデミックな要素も含めて、大学生が授業や学生生活のなかで英語を使う場面を想定した内容とのこと。

ライティングでは、リスニングした内容の要約を通じて情報を取捨選択し論理的にまとめる能力まで測定。スピーキングとあわせ、日本国外在住の英語話者が採点を行います。

また、異なる回を受検してもスコアの比較ができるような統計処理を行ってスコアを算出するとのこと。

申し込み方法などの詳細は、4月1日にオープンする公式ホームページにて告知される予定です。


【GTEC CBT(Global Test of English Communication Computer Based Testing)】

  • 主催:ベネッセコーポレーション
  • 実施日時:2014年8月2日(土)
  • 実施会場:47都道府県の公開会場
  • 受検料:9720円(税込)
 

関連記事

  1. 【GTEC Junior】英検とはナニが違う? 2016年12月にベネッセが小中学生向け4技能試験開始

  2. 【TOEFL Junior】筑波など6大学が入試で採用…年に1度の試験11/1に実施(10/13〆切)

  3. 【グローバル進学04】英検準1級で獲得した英語力は「TOEFL iBT®」でどのように活用できる?

  4. 【準☆イチ04】英語で夢を叶えるをモットーにスピーチ大会踏破+トビタテ留学も(M.F.さん)

  5. 【Z会】「レアジョブ」の株式を取得し、2020年を見据えた小中高生向け英語学習サービス開発

  6. 【上智大学】共通テストとTEAPを活用…21年度に「国際教養学部」除く全学部で入試制度一新

  7. 【EF EPI 2016】6年で16位もダウン…日本の英語力が世界72ヵ国中35位に低迷する理由とは?

  8. 【CIEE】上位大学に必要とされるスコアは? 一般入試における「TOEFL iBT」活用状況公開

  9. 【English 4skills】NTTドコモ×EduLab18年度より学校向け英語4技能学習サービス開始

グローバルエデュのプラン
7,575Fans
3,024Followers
125Followers

may, 2022

20mayallday【締切】ブラウン大学 Summer@Brown 2022https://precollege.jp/event/summerbrown2022

20mayallday【〆切】「埼玉発世界行き」2022年度奨学生

21mayallday6つの教育機関が集結!「サマープログラム2022合同説明会」

27mayallday【締切】東京都「次世代リーダー育成道場2022」https://precollege.jp/event/tokyo_globalleader2022

29mayallday【〆切】DECA JAPAN「起業力塾2022夏」

29mayallday【〆切】TOPPA CAMP

31mayallday【〆切】高校生科学教育大賞

31mayallday【〆切】SENPAIプログラム2022春

31mayallday【〆切】日本生物学オリンピック2022

X