キッズ

【阪急阪神】56の多彩な体験を用意「ゆめ・まちチャレンジ隊2018」小学生2640名 6/18〆

夏休みの大人気体験プログラム

「阪急阪神ホールディングス」(大阪市)は、毎年夏休みに実施している「阪急阪神 ゆめ・まちチャレンジ隊2018」に参加する小学生2640名を、2018年6月18日(月)まで募集しています。

2010年度にスタートし、今年で9回目となるこのプログラムは、これまで1万2404名の小学生が参加し、2017年は2万名を超える応募があるなど大人気の夏のプログラム。

本物の事業現場での多彩な活動が評価され、2017年度には経済産業省主催「第8回キャリア教育アワード」で経済産業大臣賞を受賞しているそうです。

体験できるのは、阪急阪神グループの関連施設における仕事の現場体験・見学など56の体験プログラムと、沿線の市民団体の協力を得て木工やアート制作を体験できる「ゆめ・まちフェスティバル」におけるプログラム。

  • 阪急電鉄教習所での運転士・車掌体験…8月10日(金)、計20名
  • 英語で夏祭りを体験しよう…8月9日(木)、10名
  • 阪神甲子園球場の裏側見学…7月24日(火)、20名
  • 宝塚歌劇のオーケストラとの演奏体験…8月4日(土)、計20名
  • コンビニの店長体験…7月28日(土)、6名   などなど

参加を希望する人は、公式サイトの専用フォームから申し込みを。

プログラムの日程や詳細は、「阪急阪神 ゆめ・まちチャレンジ隊2018」公式サイトで確認してくださいね!


【阪急阪神 ゆめ・まちチャレンジ隊2018】

  • 主催:阪急阪神ホールディングス株式会社
  • 実施期間:2018年7月21日(土)~8月30日(木) ※プログラムにより日程は異なる
  • 対象:小学生(保護者の同伴が必要)
  • 人数:2640名 ※応募多数の場合は抽選
  • 参加:無料 ※一部有料施設のプログラムで参加小学生以外の利用料が必要な場合あり
  • 応募締切:2018年6月18日(月)

最新情報をFacebookにて
いちはやくお届け!

Globaledu on Weekends

Globaleduで紹介した記事を、その週末の土曜朝にメールマガジンにまとめてお届けします。家族が集まる週末は、未来の学びについて考えるチャンス。プランニングのヒントとして活用してくださいね!

Thank you for subscribing.

Something went wrong.

Tags
Close
X