【高校留学奨学金】応募条件や派遣先、大学の進路まで4大プログラムをチェック

海外の高校へ留学したい人は、1~2年間もしくはそれ以上の期間活用可能な奨学金プログラムをチェックしておきましょう。これから紹介する4つのプログラムは、趣旨や理念により、プログラム構成や期間、支給条件もさまざまです。

英語圏をはじめとする現地の高校へホームステイしながら約1年通うものをはじめ②④、世界中の国際バカロレア校で寮生活をしながら2年間学ぶプログラム①、英国のボーディングスクールと大学で計5年間学べるプログラム②もあります。

また、これらのプログラムは、対象とする高校生の条件を設けているものもあるので、まずは条件に合致するかを確認してみましょう。

<定番の4プログラム>

  1. UWC奨学生(対象:全国の高校生)
  2. Tazaki財団奨学金(対象:首都圏の高校生)
  3. 次世代リーダー育成道場(対象:東京の都立校生)
  4. AFS年間派遣プログラム(対象:全国の高校生)

 奨学金選びのポイントは?

海外大への進学を本気で目指している場合は、「UWC奨学生」か「Tazaki財団奨学金」が最適です。

Tazaki財団は、英国のボーディングスクールと大学への進学を支援する奨学金で、首都圏の高校に通う高校1年生が対象です。5名という狭き門となりますが、大学在学を含め5年間の学費を全額支援してくれるのはやはり魅力的。高校2年生から留学し、2年間で英国の大学入学資格「GCSE Aレベル」を取得し、大学へと進学します。

英国以外の大学へ進学を希望する人は、「UWC奨学生」が選択肢となります。UWC奨学生は、国際バカロレア(IB)の大学入学資格「DP」の取得ができる「ユナイテッド・ワールド・カレッジ」へ高校2年生から2年間留学し、世界から集まった同級生たちとボーディングスクールで学びます。なお、IBDPでも英国の大学にも進学することが可能です。全国の高校1年生が応募することができます。

「次世代リーダー育成道場」や「AFSプログラム」は、国内大学への進学可能性も残しつつ、1年間の海外留学を経験したいという人に向いています。東京教育委員会が実施している次世代リーダー育成道場は、都立校の高1に相当する学年を対象としており、半年~1年の事前研修で十分英語力を磨いてから英語圏の北米・オセアニアエリアに留学します。

AFSは私立高の高校生でも全国から申し込みができ、留学希望国の選択肢も豊富。留学先が、アメリカとアジア地域では50万円も参加費用に差があるため、金額面を重視するなら、香港・タイ・フィリピンなどの留学先も有力候補にあがります。

コストはどのくらいかかる?

コスト面でもっともサポートが手厚いのは、「Tazaki財団奨学金制度」。出発前の事前語学研修を含め、英国ボーディングスクールでの2年間、そして英国の大学に通う3年間の学費も含めて5年間に渡り4000万円ほどの奨学金が支給されます。ただし、対象範囲は広がっているものの、現状では原則首都圏の高校の生徒に限定されます。

「次世代リーダー育成道場」は、80万円とリーズナブルな参加費で、半年~1年間の国内研修を積み、その後1年間海外の高校に留学することができます。ただし、参加対象者は東京都立の学校に通う生徒に限られるので注意です。

なお、UWC奨学生とAFS年間派遣プログラムは、適用される奨学金の種類(100%奨学金もあり)によって保護者の負担はかなり変動してしまいます。

留学期間もチェックしよう

パブリックスクール2年と英国の大学3年、計5年分をサポートしてもらえるTazaki財団奨学金が最長です(ただし、二次選考で語学研修生止まりになると、サポートは高校2年までの国内語学研修で終了です)。

そして、Tazaki財団同様、高校1年生を対象とするUWC奨学生は、UWC各校で国際バカロレアの教育課程を2年間学びます。残りふたつのプログラムは、約1年の現地高校へ留学しますが、次世代リーダー育成道場は、長期にわたる事前研修が実施されるため、実質的に1年半~2年のプログラム期間と捉えることもできます。

派遣される留学先について

Tazaki財団奨学金は、パブリックスクールから大学まで一貫して英国での留学を支援する制度です。そして、次世代リーダー育成道場は、オセアニア地域と北米地域のいずれか(出発時期も別)を申込時点で選びますが、具体的な国や学校を選ぶことははできません。

UWCとAFSについては、北米・ヨーロッパ諸国・アジアなどから留学先を選ぶことができます。この場合、応募時に希望国を多く記入しておいたほうが留学生に選抜される確率は高まるといえるでしょう。

 

関連記事

  1. 【4月3日〆切】待望の「地域人材コース」も始動…「トビタテ!留学JAPAN」3期生募集開始

  2. 【経団連】留学資金200万円を支給「2021年度グローバル人材育成奨学生」20名 9/14〆

  3. 【孫正義育英財団2019】自由に使える支援金も用意…異才放つ7〜25才の3期生60名 2/28〆

  4. 【孫正義育英財団】未来を創るリーダーを支援…17年1月に奨学生募集、2/10に特別イベントも

  5. 【LabBase 奨学金検索】貸与型から給付型まで一括検索…正しく賢い奨学金活用を支援

  6. Tazaki財団奨学金

  7. 【9月3日〆切】約30名に奨学金100万円を支給「経団連グローバル人材育成スカラーシップ」

  8. 【CIEE JAPAN】世界30ヵ国40都市から選べる「50周年記念スカラーシップ生」20名2/28〆切

  9. 【3月10日〆切】チェコの国立3大学で学べる…「チェコ語サマースクール」奨学生5名募集

グローバルエデュのプラン
7,575Fans
3,024Followers
125Followers

may, 2022

20mayallday【締切】ブラウン大学 Summer@Brown 2022https://precollege.jp/event/summerbrown2022

20mayallday【〆切】「埼玉発世界行き」2022年度奨学生

21mayallday6つの教育機関が集結!「サマープログラム2022合同説明会」

27mayallday【締切】東京都「次世代リーダー育成道場2022」https://precollege.jp/event/tokyo_globalleader2022

29mayallday【〆切】DECA JAPAN「起業力塾2022夏」

29mayallday【〆切】TOPPA CAMP

31mayallday【〆切】高校生科学教育大賞

31mayallday【〆切】SENPAIプログラム2022春

31mayallday【〆切】日本生物学オリンピック2022

X