【保育園留学】北海道・厚沢部町の移住施設に滞在しながらこども園に留学するワーケーションプログラム

TOEFLレベルチェック

北海道の自然に親しむ親子留学プログラム

自治体と連携し食とコミュニケーションを軸とした事業を行う「株式会社キッチハイク」(東京・台東区)は、ワーケーションプログラム「保育園留学」を、北海道・厚沢部町(あっさぶちょう)にて提供しています。

保育園留学は、保育園・こども園や宿泊・移住施設の空きなど、地域の遊休資産を活用して実施する、未就学児の子どもを育児中のファミリーを対象とした宿泊型プログラム。現在は北海道・厚沢部町と連携したプログラムを提供

参加親子は「ちょっと暮らし住宅」という、寝具、洗濯機、冷蔵庫、フライパンや鍋などの調理器具、電子レンジ、炊飯器、食器などが揃っている施設に滞在。親はこの住宅で仕事をし、子どもはクルマで5分のこども園に通園します。

厚沢部町は20年前とくらべ約7割まで人口が減少しており、この子ども園も子育て世代の人が移住しやすくなるよう、2019年に開園したばかり。園庭は公園の芝生や築山をそのまま活用し、天気のいい日は自然に触れ、のびのびと過ごすことができます。遊戯室は天井が吹き抜けになっていて、地元木材で作られた遊具や絵本のまちあいホールなどがあり、「あそび」を中心とした保育が提供されています。

また、週末は、椎茸やきくらげの栽培見学(秋冬)、じゃがいもやアスパラ・ブルーベリーの収穫(夏)など、季節を切り取る食体験も可能で、郷土料理教室や焼酎工場見学も体験できるそうです。

参加を希望する人は、「保育園留学」公式サイトの確認を。


【保育園留学】

  • 運営:株式会社キッチハイク
  • 留学期間:1週間〜
  • 場所:北海道厚沢部町
  • 対象:0~6才(就学前)の子どもがいるファミリー
  • 参加費:14泊15日(2週間)で17万円(子ども1名+大人2名)など ※登園日数、滞在日数、人数によって異なる
  • 申込期間:2022年3月まで(2022年4月以降は2022年1月〜2月に受付開始予定)
グローバルエデュのプラン
7,575Fans
3,447Followers
125Followers
  1. 【SHIBUYA ART AWARDS】2022年...

  2. 【みてね基金】家族を取り巻く社会課題解決に取り組む...

  3. 【多摩美術大学】自由闊達な美大講師の視点に学ぶ新・...

  4. 【子どもたちに大切なことを脳科学が明かしました】親...

  5. 【マンガでよくわかる! 英語が好きになる本】韓国の...

  1. 成長のチャンスに満ちた国際学生寮「U Share西...

  2. グローバルリーダー養成プログラム「TOPPA!!」

  3. エリート・オープンスクール・ラーニング・リソース・...

  4. 国際高等専門学校(International Co...

  5. アントレ&リーダシップ教育「DECA JAPAN」

october, 2022

02octalldayPrivate & International School Fair 2022@ペナン

10octallday【〆切】山田進太郎D&I財団「STEM(理系)女子奨学助成金」

15octalldayPrivate & International School Fair 2022@ジョホール

15octallday【〆切】テンプル大学ジャパンキャンパス「持田・ストロナク全額奨学生」

X