【保育園留学】北海道・厚沢部町の移住施設に滞在しながらこども園に留学するワーケーションプログラム

Fayサマースクール2023ウェビナー
帝京可児説明会

北海道の自然に親しむ親子留学プログラム

自治体と連携し食とコミュニケーションを軸とした事業を行う「株式会社キッチハイク」(東京・台東区)は、ワーケーションプログラム「保育園留学」を、北海道・厚沢部町(あっさぶちょう)にて提供しています。

保育園留学は、保育園・こども園や宿泊・移住施設の空きなど、地域の遊休資産を活用して実施する、未就学児の子どもを育児中のファミリーを対象とした宿泊型プログラム。現在は北海道・厚沢部町と連携したプログラムを提供

参加親子は「ちょっと暮らし住宅」という、寝具、洗濯機、冷蔵庫、フライパンや鍋などの調理器具、電子レンジ、炊飯器、食器などが揃っている施設に滞在。親はこの住宅で仕事をし、子どもはクルマで5分のこども園に通園します。

厚沢部町は20年前とくらべ約7割まで人口が減少しており、この子ども園も子育て世代の人が移住しやすくなるよう、2019年に開園したばかり。園庭は公園の芝生や築山をそのまま活用し、天気のいい日は自然に触れ、のびのびと過ごすことができます。遊戯室は天井が吹き抜けになっていて、地元木材で作られた遊具や絵本のまちあいホールなどがあり、「あそび」を中心とした保育が提供されています。

また、週末は、椎茸やきくらげの栽培見学(秋冬)、じゃがいもやアスパラ・ブルーベリーの収穫(夏)など、季節を切り取る食体験も可能で、郷土料理教室や焼酎工場見学も体験できるそうです。

参加を希望する人は、「保育園留学」公式サイトの確認を。


【保育園留学】

  • 運営:株式会社キッチハイク
  • 留学期間:1週間〜
  • 場所:北海道厚沢部町
  • 対象:0~6才(就学前)の子どもがいるファミリー
  • 参加費:14泊15日(2週間)で17万円(子ども1名+大人2名)など ※登園日数、滞在日数、人数によって異なる
  • 申込期間:2022年3月まで(2022年4月以降は2022年1月〜2月に受付開始予定)




7,575Fans
3,575Followers
273Followers
  1. 【Operation Smile】世界の高校生がペルーに集い、発展途上国の人々…

  2. 【UWC ISAK】リーダーシップ、マインドフルネス、デザイン思考を集…

  3. 【TEDxOgikubo2023】Making the Futureをテーマに小学生もはなまる…

  4. 【昭和女子大学附属小】卒業時は英検2級レベル…国社道徳以外を英語…

  5. 【日米学生会議2023】日米の学生が日本を横断しながら多様な視点で…

  1. 国際高等専門学校(International College of Technology)

  2. アゴス・ジャパン(海外大学専門予備校)

  3. 帝京大学可児高等学校「国際バカロレアコース」

  4. ワールド・アローズ・インターナショナルスクール World Arrows Int…

  5. ブリティッシュ・カウンシル英会話スクール

イベントカレンダー

january, 2023