STEM教育キッズ

【5月5日】全国100会場で開催「Hour of Code Japanこどもの日1万人プログラミング」

こどもの日の特別イベント

世界的な子ども向けプログラミング教育推進運動「Hour of Code」の一環として、日本限定イベント「Hour of Code Japan こどもの日1万人プログラミング」が、2016年5月5日(祝)に全国で一斉に開催します。

code of hours

東京会場(東京・品川「日本マイクロソフト本社」)や提携会場(CA TechKids、Qremo、STAR Programming SCHOOLなどのプログラミングスクールや大学など)100ヵ所のほか、家庭のオンライン環境からも参加が可能。

「Hour of Code(アワー・オブ・コード)」は、アメリカの非営利活動法人「Code.org」が「すべての児童・生徒がコンピュータサイエンスを学ぶ機会を得る」ことをミッションに掲げ展開する、世界的なプログラミング教育の推進活動。

2013年の設立以降、毎年12月に「コンピュータサイエンス教育週間」に「Hour of Code」を開催しており、これまでに80ヵ国以上2億人の児童・生徒が参加しています。

【関連記事】グローバルなプログラミング教育活動「Hour of Code」

自宅からもオンライン参加が可能

こどもの日のイベントを主唱するのは、Hour of Code日本国内認定パートナーで、日本でコンピューター科学教育の普及啓蒙活動を行っている「(社)みんなのコード」(東京・渋谷区)。

イベント当日は、東京メイン会場に小学生約200名が集い、約40名のチューターと共にプログラミングを学びます。

その様子は「ニコニコ生放送」で全国各地の会場や各家庭にオンラインで中継されるほか、協賛する大手企業の現役エンジニアや9才の小学生プログラマー・澁谷知希くんなどもチューターとして参加するそうです。

各家庭からは、PCやタブレットを使って、ゲーム感覚でプログラミングを体験できるオンライン教材「Code studio マインクラフトコース」を使用して参加することになるそうです。

会場で参加したい人は、事前の申し込みが必要。連携会場などの詳細や申し込みは、「Hour of Code Japan」公式サイトで確認を。


【Hour of Code Japan こどもの日 1万人プログラミング】

  • 主唱:(社)みんなのコード、Code.org
  • 日時:2016年5月5日(祝)13時30分~16時
  • 会場:「日本マイクロソフト株式会社」本社(東京都港区港南 2-16-3 品川グランドセントラルタワー)、その他全国約100の連携会場
  • 参加費:無料(連携会場により異なる)
  • 参加対象:プログラミングビギナーの小学1~6年生、中高生、大学生
  • 参加人数:メイン会場(東京)約200名、連携会場(全国約100ヵ所)5名~150名

最新情報をFacebookにて
いちはやくお届け!

Tags
Close
X