STEM教育キッズ

【Hour of Code 2017】コンピュータサイエンス教育週間にプログラミングを学ぼう 12/4-10

今年も年末にHour of Codeが開催!

「特定非営利活動法人みんなのコード」(東京・渋谷区)は、全世界で実施されるプログラミング教育推進運動「Hour of Code(アワー・オブ・コード)」の日本版「Hour of Code Japan 2017」を、2017年12月4日(月)~9日(土)にかけて開催します。

hourofcode2017

「Hour of Code」は、深刻なIT人材不足を背景に、米国の非営利団体「Code.org」が子ども向けにプログラミング教育の普及を目指して推進している活動で、毎年12月の「コンピュータサイエンス教育週間」に開催される「Hour of Code」には、180ヵ国以上約4億5000万人の子どもたちが関連イベントに参加しています。

日本では、Code.orgの日本国内認定パートナー「みんなのコード」が音頭をとり、アドビシステムズやドワンゴ、マイクロソフトなどの企業や学校関係者、教育委員会、NPO、一般のボランティアとともに、イベントを開催します。

会場を提供してくれる団体も募集!

イベント期間中の12月4日(月)~9日(土)は、全国各地の子どもたちにプログラミングの楽しさを草の根で伝える体験イベントを、全国各地の小学校や子ども向け施設の協力のもと実施。

対象は、プログラミング初心者の小学校1〜6年生で、Code.orgが無償提供するマインクラフトやディズニーランドのキャラクターなどの教材を活用した、プログラミング体験「Hour of Code」を行います。

また、現在このイベントに賛同し会場を提供してくれる教育機関・各種子ども向け施設(学童クラブ・学習塾・図書館など)を、募集中。応募した施設には、「Hour of Code」を実施する際の運営マニュアルや賞状の提供など、運営への支援があるそうです。

さらに12月10日(日)には、「日本マイクロソフト」品川本社(東京・港区)をメイン会場に、北海道、宮城、群馬、東京、愛知、大阪、宮崎などの連携会場にてイベントを同時開催(要申し込み)。

おもに小学生を対象に、プログラミング入門ワークショップのほか、実社会でどのようにITが役立っているかを交えながらの説明、保護者を対象としたワークショップも開催。このイベントの模様は、ニコニコ動画により同時中継が行われるそうです。

詳細は、「Hour of Code Japan 2017」公式サイトで確認を。


【Hour of Code Japan 2017】

  • 主催:特定非営利活動法人みんなのコード
  • 日程:2017年12月4日(月)~9日(土)
  • 会場:全国の小学校や各種子ども向け施設(学童クラブ・学習塾・図書館)など

【Hour of Code Japan 2017 フィナーレイベント】

  • 主催:特定非営利活動法人みんなのコード
  • 日時:2017年12月10日(日)13時~16時
  • 会場:「日本マイクロソフト株式会社」品川本社(東京都港区港南2-16-3 品川グランドセントラルタワー)ほか、全国7都道府県の連携会場にて
  • 対象:小学校1〜6年生のプログラミング初心者とその保護者
  • 参加人数:100組200名

最新情報をFacebookにて
いちはやくお届け!

Tags
Close
X