大学

【国際協力人材育成プログラム】立教、明治、国際大学連携による実践型教育プログラム開始

充実した3大学連携プログラム

各大学におけるグローバル教育への取り組みは加速するいっぽうですが、立教大学(東京・豊島区)でも2013年4月に「グローバル教育センター」を開設しました。

注目するべきは、4月より同センター運営のもと「国際協力人材育成プログラム」がスタートしたこと。

hric
本プログラムは、立教大学、明治大学、国際大学の3大学連携による新しい実践型教育プログラムで、全学共通カリキュラム総合科目として展開していくそう。

3大学はともに、国際系研究科、学部、学科を有しており、2012年6月には「国際協力人材の育成に関する協定」を締結しています。

受講対象となるのは、立教大学全学部、明治大学全学部の2012年度以降1年次入学者。

本プログラムで目指すのは、国際社会が取り組むべき地球規模の「グローバル・イシュー」に対応・解決するための知識と能力を育成し、国際機関、NGO、NPO、政府、企業などで活躍できる人材の輩出。

そのため、すべての授業は英語により実施されます。

授業は以下のようなものがあり、明治大学、国際大学のキャンパスでも開講。

  • グローバル・イシュー各論(2単位)…立教、明治にて
  • グローバル共通教養総論…(2単位)立教、明治にて
  • ソリューション・アプローチA(国際人権系、2単位)…明治にて
  • ソリューション・アプローチB(開発経済系、2単位)…立教にて
  • ソリューション・アプローチC(人道支援系、2単位)…立教大学にて
  • ソリューション・アプローチD(国際システム系、2単位)…明治にて
  • 国際協力リテラシー(2単位)…立教、明治、国際大学にて

キャリアパスは2コース用意され、「モチベーション・パス」と「キャリア・パス」のふたつから選ぶことができます。各パスを終了した人には修了認定証が発行されます(いずれも20単位以上必要)。

公益社団法人アムネスティ・インターナショナル、国際機関太平洋諸島センター、国際連合開発計画など6つの国際協力機関と連携することで、現場の活動を学ぶ機会やインターンシップ、フィールド・ワークの場も与えられるのは魅力的。

たとえば、夏休みにはアクティブ・リサーチ(4単位)として、「ミャンマーの社会問題と国際社会・地域協力による取り組み」を、現地にて6泊7日で学ぶプログラムも実施。

研修はすべて英語で行われ、個人負担も8万円と格安(本来は18万円のところ学校が10万円を補助)。

まさに、日本の意欲的な若者たちのニーズに叶ったプログラムですが、ひとりでも多くの若者が世界に羽ばたく日が待ち望まれます。


【国際協力人材育成プログラム】

  • 開始:2013年4月
  • 連携大学:立教大学、明治大学、国際大学
  • 受講対象:『国際協力人材』育成プログラム…立教大学全学部、明治大学全学部の2012年度以降1年次入学者
  • カリキュラム:グローバル・イシュー各論、グローバル共通教養総論、ソリューション・アプローチA(国際人権系)、ソリューション・アプローチB(開発経済系)、ソリューション・アプローチC(人道支援系)、ソリューション・アプローチD(国際システム系)、国際協力リテラシー

最新情報をFacebookにて
いちはやくお届け!


Globaledu on Weekends

Globaleduで紹介した記事を、その週末の土曜朝にメールマガジンにまとめてお届けします。家族が集まる週末は、未来の学びについて考えるチャンス。プランニングのヒントとして活用してくださいね!

Thank you for subscribing.

Something went wrong.

Tags
Close
X