中学・高校国際バカロレア政治・行政高校

【国際バカロレア】IB校の拡大に期待…数学と物理を追加し「日本語DP」が導入しやすい環境へ

6科目中4科目を日本語で実施可能に

「文部科学省」は、「国際バカロレア」(IB)ディプロマ・プログラム(DP)において、日本語で履修できる科目に数学(SH、HL)と物理が加わることを発表しました。

【関連キーワード】国際バカロレアとは?

DPは、母国語を除く科目を原則英語で実施する必要がありましたが、13年度より文科省と「国際バカロレア機構」が共同で、一部の科目を日本語でも実施可能にするプログラム「日本語DP」を開発してきました。

IB日本語DP1

今回数学と物理が加わったことで、経済、歴史、生物、化学の合わせて6科目が日本語DPの対象に。

※課題論文(Extended Essay)、知識の理論(TOK)、創造性・活動・奉仕(CAS)も日本語で実施することが可能

IB日本語DP2

「日本語DP」導入後も、選択6科目中2科目を英語で実施する必要がありますが、学校サイドでプログラムを導入しやすくすることで、IBのさらなる普及が期待されています。

今後のスケジュールは、15年2月ごろに日本語DP初の認定校が決まり、15年4月に一期生入学。

16年4月より2年生から日本語DP課程が開始され、17年11月に3年生で「国際バカロレア試験」を受験、18年3月に一期生が卒業。

ただし、必要に応じて15年4月に日本語DP課程を開始し、16年11月に国際バカロレア試験を実施することもあり得るとのことです。

最新情報をFacebookにて
いちはやくお届け!


Globaledu on Weekends

Globaleduで紹介した記事を、その週末の土曜朝にメールマガジンにまとめてお届けします。家族が集まる週末は、未来の学びについて考えるチャンス。プランニングのヒントとして活用してくださいね!

Thank you for subscribing.

Something went wrong.

Tags
Close
X