親子留学

【留学hack03】達人ママが学校選びを指南…フィリピン留学親子③イロイロ「Dream」

「Dream」で学んでみた

「Dream(Iloilo Dream English Academy)」は、2003年にオープンした韓国資本の語学学校。

繁華街からはちょっと離れており、「モンフォート大通り」から少し入った場所にあります。

1階は教室、2~3階は寮、4階は食堂となっています。
1階は教室、2~3階は寮、4階は食堂となっています。

 

それでも、5分も歩けば大通りでジプニーも拾えるし、両替ができるスーパーマーケットも近くにあるので立地は悪くありません。

校舎と学生寮が一体型の学校ははじめてでしたが、移動がとってもラク。

セブでは校舎と寮と食堂が全部別の棟、ダバオでは校舎と食堂は同じ建物でしたが寮は別棟を経験しましたが、「同じ建物というだけで、食堂や教室への移動がこんなにラクなんだー!」と感動したほど。

「日本人留学生が少ない」という触れ込みでしたが、逆にその触れ込みに引かれて多くの日本人が留学していました。といっても、13人ぐらいで3割くらいが日本人。

寮の部屋は、広くてまあまあキレイ。

iroiro05

ファミリーは、2段ベッドとシングルベッドひとつの3人部屋か、シングルベッド3つかの好きなほうを選べます(空き具合による)。

シャワーは水ですが、追加料金を払うことで温水シャワーに変更可能。

iroiro06

ほかの学生はあまり温水を使っていないという話だったので、ちょっと冷たかったけれど水シャワーで1ヵ月過ごしました。

Wi-Fiは、わが家の部屋では問題なく使えましたが、部屋によってかなりの差があるようでした。

食事は、これまでの学校のなかでもっとも貧弱で、この学校ならダイエットできると思ったくらい。

iroiro08

メニューは韓国料理で、かなり辛い食事もあります。

iroiro01

週末は食べない人も多いからか、クッパのようなワンボールメニューや辛ラーメンの夕食もありましたが、日本人学生が増えたことでメニューもずいぶん変わり、辛さ控えめの食事へと変わっていきました。

子供向きの食事対応をしてもらえなかったため、夕食全部が辛いときは持参したふりかけとご飯、お味噌汁に助けられました。

膨大な宿題のおかげで読み・書き力アップ

今回は、娘たちと私は同じ一般英語コース「Intensive A」を選択。

マンツーマンレッスンが6時間、グループレッスンが1時間の、計7時間。

授業はそれほど大変ではなかったものの、ほぼすべての先生が宿題を出すので、毎日ハンパない宿題の量!

マネージャーがときどき子供たちの進み具合をみては「もっと宿題を!!」と先生に指示を出していて、まさに「鬼」だと思いました。

「英語を書くことが大事だから、がんばって宿題してね」とマネージャー。ひたすら量を勉強させる、これが「韓国式スタイル」だそうです。

小1の次女は「終わらない、眠い…」と泣きながら宿題をする日もありましたが、留学が終るころにはリーディングとライティングの力がついていました。

私は次女の宿題を手伝いながら、自分の宿題や予習、毎日の単語テスト勉強もあり、本当に大変な日々で毎日眠かったです。

この学校では、韓国人の親子留学を多数受け入れてきた実績があるため、先生たちは子供の扱いに慣れています。

フィリピンの人は子供が大好きなので、娘たちは担当以外の先生たちにもかわいがってもらえ、勉強を嫌がることなく楽しく過ごしていました。

iroiro10

レベルチェックテストは、大人も子供も月1回受けることになります。勉強の成果が数値化されるため、結果を受け取るのはドキドキ。

なお、先生たちも定期的にレベルチェックを受け、個人のレベルアップに努めているそう。

先生の質は、3回の留学のなかで一番よかったです。

短期雇用の先生もいましたが、大きなスキルの差は感じられず、どの先生もていねいにとても熱心に教えてくれて、イロイロの講師の質の高さを感じました。

週末も充実して過ごせました

週末は、ショッピングやホテルのプール、近くのギマラス島へのデイトリップなど息抜きの方法はいくつもあります。

iroiro09

学校主催のアクティビティもあり、希望した生徒たちでギマラス島へ行ったり、子供の参加者も多かったのでオーナーが子供向けアクティビティも計画してくれました。

一度学校の先生のご厚意でお家におじゃまさせてもらいましたが、フィリピンの生活が垣間見えてとても貴重な経験となりました。

イロイロは遊ぶところがないと聞いていましたが、とても楽しく週末を過ごすことができましたよ。

「Dream」をまとめると…▶

最新情報をFacebookにて
いちはやくお届け!

Globaledu on Weekends

Globaleduで紹介した記事を、週末にメールマガジンにまとめてお届けします。家族が集まる週末は、未来の学びについて考えるチャンス。プランニングのヒントとして活用してくださいね!

Thank you for subscribing.

Something went wrong.

前のページへ 1 2 3次ページへ
Tags
Close
X