【伊東建築塾】いえとまちについて考える「子ども建築塾カリキュラム2018」20名募集 3/25〆

ロジカルライティング講座

1年かけて思考力や表現力を伸ばす

「伊東建築塾」(東京・渋谷区)は、小学4〜6年生を対象に開講する「2018年度子ども建築塾カリキュラム」に参加を希望する20名を、2018年3月25日(日)まで募集しています。

講師は、いずれも建築家の伊東豊雄さん、アストリッド・クラインさん、太田浩史さん。

このプログラムでは、「いえとまちって何だろう?」をテーマに、1年を通して子どもたちの建築やまちに対する意識を高め、思考や表現の個性をのばす内容となっています。

年間スケジュールは、4月〜9月までが前期で、10月〜3月が後期の2期制。前期・後期ともに隔週土曜日に10回、計20回の講義を予定。

前期は「いえ」をテーマに、住宅のスケールや模型のつくり方、発表の仕方などを学びながら、想像力あふれる「いえ」を設計。今年は「動物と一緒にくらすいえ」がテーマとなるそうです。

後期は「まち」をテーマに、都内のまちを歩きながら、まちの成り立ちや公共空間、ランドスケープについて考えます。今年は恵比寿周辺を流れる渋谷川沿いを舞台に「まちの建築」を設計し、みんなでひとつのまちなみを完成させるそうです。

応募多数の場合は、模擬授業(4月1日)により選考があるそうです。

くわしくは、「伊東建築塾」公式サイトで確認してください。


【2018年度子ども建築塾カリキュラム】

  • 主催:伊東建築塾
  • 開講日:全20回(前期10回、後期10回)隔週土曜日14時~16時
  • 対象:小学校4年〜6年生
  • 定員:20名 ※定員を超える応募があった場合は模擬授業による選考あり
  • 募集締切:2018年3月25日(日)
  • 選考日:4月1日(日)
  • 受講料:11万円(月額1万円×10ヵ月、模型材料費1万円/年) ※教材費、見学費を含む

ロジカルライティング講座

7,575Fans
3,456Followers
125Followers
  1. 【東京工業大学】総合型・学校推薦型選抜で「女子枠」導入…2024年は…

  2. 【難民映画祭2022】これまで10万人が参加…難民の困難さを乗り越える…

  3. 【ミライーね!カードゲーム】子どもたちの視点で、楽しみながら未…

  4. 【スタンフォード・オンラインハイスクール校長が教える子どもの『…

  5. 【TOPPA 2022冬】21世紀型リーダーを養成する基礎コース&アフリカ…

  1. アントレ&リーダシップ教育「DECA JAPAN」

  2. アゴス・ジャパン(海外大学専門予備校)

  3. 国際高等専門学校(International College of Technology)

  4. ワールド・アローズ・インターナショナルスクール World Arrows Int…

  5. 成長のチャンスに満ちた国際学生寮「U Share西早稲田」

november, 2022

05novallday06Private & International School Fair 2022@クアラルンプール

X