キッズ

【伊東建築塾】いえとまちについて考える「子ども建築塾カリキュラム2018」20名募集 3/25〆

1年かけて思考力や表現力を伸ばす

「伊東建築塾」(東京・渋谷区)は、小学4〜6年生を対象に開講する「2018年度子ども建築塾カリキュラム」に参加を希望する20名を、2018年3月25日(日)まで募集しています。

講師は、いずれも建築家の伊東豊雄さん、アストリッド・クラインさん、太田浩史さん。

このプログラムでは、「いえとまちって何だろう?」をテーマに、1年を通して子どもたちの建築やまちに対する意識を高め、思考や表現の個性をのばす内容となっています。

年間スケジュールは、4月〜9月までが前期で、10月〜3月が後期の2期制。前期・後期ともに隔週土曜日に10回、計20回の講義を予定。

前期は「いえ」をテーマに、住宅のスケールや模型のつくり方、発表の仕方などを学びながら、想像力あふれる「いえ」を設計。今年は「動物と一緒にくらすいえ」がテーマとなるそうです。

後期は「まち」をテーマに、都内のまちを歩きながら、まちの成り立ちや公共空間、ランドスケープについて考えます。今年は恵比寿周辺を流れる渋谷川沿いを舞台に「まちの建築」を設計し、みんなでひとつのまちなみを完成させるそうです。

応募多数の場合は、模擬授業(4月1日)により選考があるそうです。

くわしくは、「伊東建築塾」公式サイトで確認してください。


【2018年度子ども建築塾カリキュラム】

  • 主催:伊東建築塾
  • 開講日:全20回(前期10回、後期10回)隔週土曜日14時~16時
  • 対象:小学校4年〜6年生
  • 定員:20名 ※定員を超える応募があった場合は模擬授業による選考あり
  • 募集締切:2018年3月25日(日)
  • 選考日:4月1日(日)
  • 受講料:11万円(月額1万円×10ヵ月、模型材料費1万円/年) ※教材費、見学費を含む

最新情報をFacebookにて
いちはやくお届け!

Globaledu on Weekends

Globaleduで紹介した記事を、その週末の土曜朝にメールマガジンにまとめてお届けします。家族が集まる週末は、未来の学びについて考えるチャンス。プランニングのヒントとして活用してくださいね!

Thank you for subscribing.

Something went wrong.

Tags
Close
X