【日米学生会議2021】日米学生各36名が3週間寝食を共にしながら議論を深めるプログラム 2/7〆

英語で議論を尽くすサマープログラム

「一般財団法人国際教育振興会」は、「第73回日米学生会議」に参加する学生28名を、2021年2月7日(日)まで募集しています。

「日米学生会議(Japan-America Student Conference =JASC)」は、日本初の国際的学生交流プログラムで1934年に発足。

毎年、日本と米国それぞれ36名(実行委員各国8名含む)、合計72名の学生が約3週間にわたり寝食をともにしながら、それぞれのテーマに関する議論を深めるており、計40時間にもおよぶ分科会議論、社会人の講演やパネルディスカッション、文化体験、ファイナル・フォーラムなどで構成されています。

春からはじまる活動内容をチェック

第73回目の開催となる2021年の日米学生会議は、8月2日(月)〜20日(金)の期間で開催。

対象となるのは、2021年4月時点で、原則として日本国内の大学・大学院・短期大学・専門学校等に在学する学生であり、本会議まで平均週1回の会議に参加できること。

日米学生会議での活動を大きくわけると、事前活動・本会議・事後活動の3つにわけられます。

  • 事前活動(4〜7月)…春合宿、防衛大学校研修や勉強会、フィールドトリップなどを行い、分科会や日米関係についての理解を深め、本会議への準備をする
  • 本会議中の活動(8月2日〜20日)…4都市(京都・青森・福島・東京)の各都市を移動しながらプログラムが企画され、さまざまな議論がもたれる
  • 事後活動…日本側参加者が作成する和文報告書、’米国側参加者による英文報告書を作成

参加を希望する人は、プレエントリーフォームへアクセスし、氏名や住所などを記入後、応募参加申込書を送付。第1次選考料(3000円)を振り込んだ時点で応募が完了します。

くわしくは、「日米学生会議」公式サイトよりご確認ください。


【日米学生会議2021】

  • 主催:一般財団法人国際教育振興会
  • 日程:2021年8月2日(月)〜20日(金)
  • 会場:京都・青森・福島・東京
  • 対象:日本国内の大学・大学院・短期大学・専門学校等に在学する学生
  • 定員:28名(実行委員含まず)
  • 参加費:18万円(予定)
  • 応募締切:2月7日(日)
 

関連記事

  1. 【東京音楽大学】2017年に英語力と教養が身につく「ミュージック・リベラルアーツ専攻」開講

  2. 【早稲田国際教養学部】5年で「パリ政治学院」修士も取得できるデュアルディグリー制度開始

  3. 【立教大学】10年後にはアジアを代表する大学へ…国際化を加速する「Rikkyo Global 24」

  4. 【立教大学】全留学プログラムで10〜40万円を支給…16年度から「グローバル奨学金」を導入

  5. 【九州大学】4つの試験で105名募集…2018年に文理融合4領域を横断的に学ぶ「共創学部」新設

  6. 【大学入試2015】慶應・法「国際バカロレア資格取得者対象入学試験」出願/7月29日~8月1日

  7. 【明治大学】優秀な学生は海外トップ大に留学せよ…2017年より学期最大300万円を40名に支給

  8. 【広島大学】2017年度入試より「国際バカロレア入試」と「英語外部検定試験利用入試」導入

  9. 【キャンパス・アジア】次世代のグローバルリーダー養成を目指す…日中韓共同の教育プログラム

グローバルエデュのプラン
7,495Fans
2,502Followers
40Followers

september, 2021

15sepallday【〆切】グルー・バンクロフト基金2022

17sepallday【〆切】東南アジア小論文2021

18sepallday【〆切】筑波大学「第16回科学の芽賞」

19sepallday国際高等専門学校「オンライン進学説明会」

23sepallday【〆切】Green Blue Education Forumコンクール

26sepallday【〆切】SDGsクリエイティブアワード2021

29sepallday【〆切】筑波大学「高校生アートライター大賞2021」

29sepallday【〆切】IBPグローバル留学奨学金2021

29sepallday【〆切】高校生ビジネスプラングランプリ2021

29sepallday31oct【〆切】国連WFP「ゼロハンガーチャレンジ」

30sepallday【〆切】AFC U-18

30sepallday【〆切】STEM高校生女子奨学金2022

X