JSAAO海外留学支援制度(学部学位取得型)

【JSAAO海外留学支援制度(学部学位取得型)】

  • 英語圏のみならず、世界各国・地域の大学を進学先として選べる
  • 採用人数は毎年45名と多い
  • 年額最大390万円を4年間支給
  • 家庭の年間所得金額は2000万円以下
「独立行政法人日本学生支援機構」(JASSO)による、海外大学で学位取得を目指す学生を支援する奨学金「海外留学支援制度(学部学位取得型)」は、日本政府より交付される補助金を財源にした、日本人の海外留学生に対して支給される給付型奨学金。

この奨学金の魅力は、学士が取得できる大学(学部)であれば、英語圏のみならず世界中の大学から進学先を選ぶことができること。さらに、家庭の所得制限は2000万円と幅広い学生が応募でき、エリアにもよりますが年額最大390万円を4年間支給されるなど、手厚い内容も魅力です。

2021年度は235名の応募に対して45名が選抜され、24名がアメリカ、続いて英国が8名、カナダが7名と、以上の3国が留学先の大部分を占めています。

応募要件は、応募時に日本に居住する日本国籍を有する人で、高校などを卒業もしくは修了後3年以内であること。留学先の使用言語が英語の場合は、応募締切時から過去2年以内のTOEFL iBTスコアが80点以上またはIELTSのバンドスコアが6.0以上を満たさなければなりません。英語以外であれば、ヨーロッパ言語共通参照枠(CEFR)B2レベル以上である必要があります。これらは留学先が指定する語学能力に関わらず、この制度に応募するうえで必須となる外国語スキルの水準です。加えて、応募時までに在籍した高校の全履修科目の評定平均値が、3.7(5段階中)以上であることが求められます。

支援期間は原則4年ですが、留学先が「大学入学準備コース」の修了を入学前に義務づけている場合は、支援対象期間に当該コースも含まれます(ただし、支援開始の時点で学士課程への入学許可が出ていることが条件)。

応募者は、JASSOの申込専用サイトからシステムにログインし、必要書類等を提出。応募システムに直接アップロードする書類では、留学を志す理由・留学計画・卒業直後の進路計画の作成、各テーマに沿ったエッセイの提出も求められます。成績証明書等と推薦は、未開封の状態で郵送提出する必要があります。

選考プロセスは、書類による第一次審査を経て、第二次審査での面接によって最終的な採否を決定します。なお、採用となった派遣学生は定期的に学修状況を機構に報告しなければなりません。

JASS0海外留学支援制度(学部学位取得型)
主催:独立行政法人日本学生支援機構(JASSO)
創設:2017年度
派遣先:学士号が取得できる諸外国(地域)の大学(芸術の実技分野を除く)
支給金額:年額最大390万円(エリアにより異なる)。2021年度実績/月額5万9000~11万8000円、授業料/1万米ドル相当の実費額 (採用状況との兼ね合いで250万円を上限に授業料追加支給あり)
支給期間: 原則4年間
応募条件:応募時に日本に居住する日本国籍を有する人で、高校などを卒業もしくは修了後3年以内であること、国際 バカロレア、アビトゥア、バカロレア、GCE Aレベルの資格を応募締切時において取得後3年以内の人(または支援期間開始までに取得する人)、TOEFL iBTスコアが80点以上またはIELTSのバンドスコアが6.0以上、英語以外はヨーロッパ言語共通参照枠(CEFR)B2レベル以上。高校の全履修科目の評定平均値が3.7(5段階中)以上など
採用予定人数:45名2021年度実績
2021年度募集概要
出願期間2021年9月6日(月)~10月15日(金) ※事前登録は10月7日(木)
選考スケジュール書面審査(1次審査)の結果は2022年1月上旬をめどに通知。2次審査は1月22日(土)または23日(日)のいずれかにオンライン面接を実施。採否は、3月上旬に通知予定
対象2021年度に高校などを卒業・修了する人、応募締切日までに高校などを卒業後3年以内の人

「JASS0海外留学支援制度」公式サイト

 

関連記事

  1. 【トビタテ!留学JAPAN】500名枠に784名が応募…倍率1.6に減少した2期生はラッキー!?

  2. 【2月15日〆切】21週間スペイン滞在「スペイン料理・タパス研修プログラム」参加12名募集

  3. 【9月16日〆切】4年間で最大800万円を支給…「グルー・バンクロフト基金」奨学生5名募集

  4. 【柳井正財団海外奨学金2018】米国トップ大に進学する20名に最大28万ドルを支給 2/7〆

  5. 【6月30日〆切】ブリテッュカウンシル「IELTS Study UK 奨学金2016」奨学生3名募集

  6. 【フルブライト奨学生2020】日米間の相互理解に貢献するリーダーを手厚く支援・育成 5/31〆

  7. 【6月3、9日〆切】埼玉県のグローバル人材育成事業「埼玉発世界行き2015」奨学生285名募集

  8. 【キーエンス奨学生2020】月8万円を4年間支給…所得制限なし全大学対象500名 4/10〆

  9. 【グローバル進学03】米国大学進学に用意できるのは上限1000万円…活用できる奨学金は?

グローバルエデュのプラン

7,575Fans
3,034Followers
125Followers
  1. 【オーストラリア留学フェア2022】自動翻訳システム完備…約60の教育…

  2. 【ブリティッシュ・カウンシル】完全英語環境で仲間と課題解決に挑…

  3. 【ブリティッシュ・カウンシル】マイクラも体験できる…30時間完全英…

  4. 【樫尾俊雄発明記念館】人の役に立つアイデアを募集!小学生対象「…

  5. 【ラグビースクール・ジャパン】北海道で音楽やドラマを学ぶ2コース…

  1. グローバルリーダー養成プログラム「TOPPA!!」

  2. アントレ&リーダシップ教育「DECA JAPAN」

  3. 帝京大学可児高等学校「国際バカロレアコース」(2022年9月開講予定…

  4. 成長のチャンスに満ちた国際学生寮「U Share西早稲田」

  5. ブリティッシュ・カウンシル英会話スクール

may, 2022

17mayallday【〆切】レゴ「Build A World of Play Challeng」

20mayallday【締切】ブラウン大学 Summer@Brown 2022https://precollege.jp/event/summerbrown2022

20mayallday【〆切】「埼玉発世界行き」2022年度奨学生

21mayallday6つの教育機関が集結!「サマープログラム2022合同説明会」

27mayallday【締切】東京都「次世代リーダー育成道場2022」https://precollege.jp/event/tokyo_globalleader2022

29mayallday【〆切】DECA JAPAN「起業力塾2022夏」

29mayallday【〆切】TOPPA CAMP

31mayallday【〆切】高校生科学教育大賞

31mayallday【〆切】SENPAIプログラム2022春

31mayallday【〆切】日本生物学オリンピック2022

X