中学・高校

【第13回日本情報オリンピック】14年夏の台湾国際大会に出場する日本選考会参加者を募集

小中高生対象のプログラミングコンテスト

「情報オリンピック日本委員会」は、2014年2月9日(日)に実施される「第13回日本情報オリンピック」(本選)への参加者を募集しています。

本大会と強化合宿を経て選抜された4名が、14年夏に台湾で開催される「第26回国際情報オリンピック」に出場することができます。

「国際情報オリンピック International Olympiad in Informatics」(IOI)とは、世界約80の国と地域から高校3年生相当までの学年の生徒が集まり、数理情報科学の能力を競う競技会。

情報オリンピック

求められるのは、与えられた課題を解決する効率のいいアルゴリズムを設計し、それをプログラムとして適切に実装できる能力。

応募には、次のふたつの条件を満たす必要があります(予選は誰でも参加可能)。

  1. 本選競技実施時点で、高等学校、高等専門学校、中学校、中等教育学校、小学校、特別支援学校に在学し、高校2年以下であること
  2. 生年月日が94年4月2日以降であること

予選は12月15日(日)13時~16時に行われ、ネットに接続されたPCでプログラミングができる環境から6つの課題に取り組みます。

成績順に上位から約60名をAランクとし、Aランクの生徒は本選に招待されます。

予選ではプログラミング言語の種類は問われませんが、本選と春季トレーニング合宿ではC/C++のみ使用可能とのこと。

本選は、14年2月9日(日)に東京会場(国立オリンピック記念青少年総合センター)にて実施。

本選成績上位者約20名を、日本代表選手候補者として3月19日(水)〜25日(火)に実施される春季トレーニング合宿に招待。

最終的に4名が選ばれ、14年夏の「第26回国際情報オリンピック」に参加することとなります。

申し込みは、「情報オリンピック日本委員会」のウェブサイトより受け付けています。


【第13回日本情報オリンピック】

  • 主催:情報オリンピック日本委員会
  • 本選:2014年2月9日(日)
  • 対象:1994年4月2日以降に生まれた、高等学校、高等専門学校、中学校、中等教育学校、小学校、特別支援学校に在学する高校2年以下の生徒
  • 申込締切:2013年12月13日(金)24時

最新情報をFacebookにて
いちはやくお届け!


Globaledu on Weekends

Globaleduで紹介した記事を、その週末の土曜朝にメールマガジンにまとめてお届けします。家族が集まる週末は、未来の学びについて考えるチャンス。プランニングのヒントとして活用してくださいね!

Thank you for subscribing.

Something went wrong.

Tags
Close
X