【国立科学博物館】1月から全11回開催…家族で虫を探究しよう「昆虫博士教室2022」各回50組

昆虫博士たちによる白熱講座に参加しよう

「国立科学博物館」(東京・台東区)は、昆虫好きな子どもを対象とした全11回のオンライン授業「かはくの昆虫博士教室」を、2022年1月から11回開講します。

国立科学博物館は、日本でもっとも歴史のある博物館のひとつで、自然史・科学技術史に関しては国立の唯一の総合科学博物館

「かはくの昆虫博士教室」では、日本の最前線でさまざまなジャンルの虫たちを研究する、国立科学博物館動物研究部の野村周平さん、神保宇嗣さん、清拓哉さん、井手竜也さん、奥村賢一さんの5名が昆虫博士(講師)として授業を行います。

授業は、毎月第4木曜日の19時〜20時30分までの90分間、オムニバス形式で行われます。教科書や図鑑にも載っていない最先端の研究内容からおもしろいネタ、興味深い裏話まで、毎月異なるテーマで参加者と双方向の授業が展開される予定。

  • 1月…つくば収蔵庫の裏側を特別に紹介 (野村さん)
  • 2月…チョウとガの違いって? (神保さん)
  • 3月…昆虫たちのおかしな巣 (井手さん)
  • 4月.…ヤバいクモたち (奥村さん)
  • 5月…実はすごいゴキブリの話 (清さん)
  • 6月…毒のあるガ、毒のあるチョウ (神保さん)
  • 7月…刺すハチ、刺さないハチ (井手さん)
  • 8月…カブトムシとクワガタのお話 (野村さん)
  • 9月…秋トンボのお話 (清さん)
  • 10月…奇妙なクモ (奥村さん)
  • 11月…昆虫標本の作り方 (野村さん)

授業中は、昆虫に関わることなら昆虫博士たちが答えられる範囲で何でも答えてくれ、なるべく参加者全員が1度は発言できるように進行してくれるそうです。

対象は、小学校高学年以上なので、高度なレベルの話も期待でき、博士とのやりとりによって子どもたちも一緒に研究しているかのような体験になるかもしれませんね。

授業には、家族や兄弟と参加することも可能。この機会に、家族みんなで昆虫の魅力を再発見してみてはいかがでしょうか。

参加を希望する人は、体験予約プラットフォーム「aini」サイトから申し込みを。


【かはくの昆虫博士教室】

  • 主催:国立科学博物館
  • 開催日程:2022年1月~11月の毎月第4木曜日 いずれも19時~20時30分
  • 対象:小学生高学年以上
  • 募集人数:40組(家族での参加可能)
  • 月会費:5000円 ※当日参加できない場合はアーカイブ視聴可能
 

関連記事

  1. 【フリー・ザ・チルドレン】子どもたちが政策提言に取り組める教材「SPEAK UP ACTION KIT」提供開始

  2. 【つくばSKIPアカデミー2020】科学好きな小中学生を育成する人気プログラム40名 6/30〆

  3. 【3月4日〆切】外国の子どもたち100名も参加「ちびっこ探険学校ヨロン島」参加者200名募集

  4. 【福岡雙葉小学校】1学年15名の「グローバルコミュニケーションコース」を2012年に設置

  5. 【ワールドビジョン】オンラインで世界の現状を学ぶ「サマースクール2020」小学生親子500名

  6. 【ユネスコスクール】活動費として10〜30万円助成「SDGsアシストプロジェクト」75校 1/8〆

  7. 【サタデーキッズジャパン】体を動かしながらプログラミング&英語の出張レッスン<休校支援>

  8. 【探究学舎2021】元素・アート・経済金融の3テーマを用意…全7回で実施するオンラインサマープログラム

  9. 【TSUTAYA】本を通じて感受性と創造力を育もう「読書感想画コンクール」開催<休校支援>

グローバルエデュのプラン
7,575Fans
3,110Followers
125Followers

june, 2022

No Events

X