中学・高校中学校高校

【海城中学校・高等学校】「グローバル教育部」開設…名門校が取り組む新たな人材育成

新しい時代に貢献する人材育成を

「海城中学校・高等学校」(東京・新宿区)では、2012年度から「グローバル教育部」を開設しています。

kaijyo2
海城中学校・高等学校といえば、1891年に海軍予備校として設立された中高一貫の名門男子校。

リベラルでフェアな精神を持った「新しい紳士」の育成に取り組んでいます。

kaijyo
2011年度からは完全中高一貫化となり、高校での募集は停止。同時に、中学校から1学年30名の帰国生の受け入れを開始しています。

2012年には、「新しい紳士」の輩出に不可欠な教育としての「グローバル教育部」が開設され、英語力強化、海外留学支援を推進するとともに、グローバルな人材育成への取り組みを本格化させました。

グローバル教育部は各学年に定員を設けたコースのようなものではなく、生活指導部、学習指導部と並ぶ、海城が理想とする人材を育成するための課題を明確にし実践していくための部署。

具体的には以下の課題に取り組んでいくとのこと。

  • 国際的な視野の育成
  • 在学生の留学支援
  • 海外大学進学の支援
  • 海外研修の充実
  • 英語教育の促進
  • 帰国生の支援

海城では、すでに国際理解教育のためにさまざまな取り組みをしています。

中学から高校1年生までは、ネイティブ・スピーカーから直接英語を学ぶ機会を設けており、中学3年生の卒業時の春休みにはアメリカの姉妹校へ2週間の学習・ホームステイ。

高校では1・2年生が夏休みを利用し、イギリスでのミニ留学を実施しています。

今後は「グローバル教育部」を中心に、確かな価値観に基づき自ら判断する力を育む「リベラルアーツ」教育の充実もはかっていくそう。

グローバルな視野で新しい学力と人間力の育成に取り組む海城の今後に、大きな注目と期待が集まっています。



【海城中学校・高等学校 グローバル教育部】

  • 住所:東京都新宿区大久保3-6-1d
  • 開設:2012年4月

最新情報をFacebookにて
いちはやくお届け!


Globaledu on Weekends

Globaleduで紹介した記事を、その週末の土曜朝にメールマガジンにまとめてお届けします。家族が集まる週末は、未来の学びについて考えるチャンス。プランニングのヒントとして活用してくださいね!

Thank you for subscribing.

Something went wrong.

Tags
Close
X