グローカル

【アジア架け橋プロジェクト】日本を学びたい優秀な高校生1000名のホストファミリーになろう

今後5年間でアジアから1000名を受け入れ

日本政府は、日本に関心を持ち、日本語を学ぶ意欲のある優秀なアジアの高校生たちを、10ヵ月間日本に無償で招待する「アジア架け橋プロジェクト」を、2018年度からスタートします。

【関連URL】外国人生徒に向けた「Kakehashi program in Japan」

今後5年間、アジア20ヵ国から1000名の高校生が来日して、全国の高校に通い、日本人高校生と国際交流を深めます。2018度は、まずは8月末から100名が約半年間、寮やホストファミリーのもとで生活しながら学校に通うことになるそうです。

来日するのは、中国、韓国、モンゴル、タイ、カンボジア、ラオス、ミャンマー、ベトナム、マレーシア、シンガポール、ブルネイ、フィリピン、インドネシア、スリランカ、インド、ネパール、パキスタン、ブータン、バングラデシュ、モルディブの計20ヵ国を予定。

2018年度のスケジュールは下記のような予定となっています。

  • 2018年4月~…現地選考、来日前オリエンテーションなど
  • 8月中旬…来日、到着後オリエンテーションなど
  • 8月下旬~2月中旬…日本各地でホームステイまたは寮生活をしながら、日本の高校で勉強。休日には文化体験、地域交流等を予定
  • 2019年2月中下旬…帰国

このプログラムを実施するのは、現在約40ヵ国に毎年約500名を派遣し、約50ヵ国から毎年約400名の留学生を受け入れている「公益財団法人AFS日本協会」。

興味のある人は、「公益財団法人AFS日本協会」公式サイトから詳細を問い合わせてみてください。


【アジア高校生架け橋プロジェクト2018】

  • 主催:文部科学省
  • 運営:公益財団法人AFS日本協会
  • 受入生:アジアの高校生
  • 受入時期:2018年8月下旬~翌年2月上旬(一部、2月下旬まで)

最新情報をFacebookにて
いちはやくお届け!

Globaledu on Weekends

Globaleduで紹介した記事を、その週末の土曜朝にメールマガジンにまとめてお届けします。家族が集まる週末は、未来の学びについて考えるチャンス。プランニングのヒントとして活用してくださいね!

Thank you for subscribing.

Something went wrong.

Tags
Close
X