【Karuta2020】夏休みの研究にピッタリ…世界各国の魅力を絵札と読み句で伝えよう 11/30〆

Karutaが広げるコミュニケーションの可能性

2020年の東京オリンピックに向け、さまざまなイベントが企画されていますが、今回紹介するのは「約200ヵ国の市民と互いの国を学び交流を目指す」グローバルなプロジェクト、「Karuta2020」。

karuta2020

日本古来からある「かるた」を、世界に向けて「KARUTA」として発信し、言語が通じなくても、絵札と読み札のマッチングで、世界中の人とコミュニケーションをはかることを目的としています。

このプロジェクトの一環として、現在KARUTA作品を募集しているのが「創作かるた賞2017」(締切は2017年11月30日)。

日本はもちろん、世界各国の魅力をつたえるもの(その国ならでは建物や景観、行事、人物、産業、自然など)から題材を決め、絵と読み句のペアで「1作品」を作成。いろは48文字全部など、複数作品の応募も可能です。

作品の作り方や応募方法など

絵札は、はがき~A4サイズの紙を使用し、手描きで作成(デジタル作品はNG)。読み句は、日本語か英語を選択し、英語は単語数3~15、日本語は5・7・5調で作成してください。

応募方法は、応募用紙をダウンロードのうえ必要事項を記載し、作品とともに郵送。

選考は2018年1月上旬までに行なわれ、12点(小学生3点、中高生3点、大学生3点、一般3点)を選出。受賞者にはメールにて通知があります。

1月下旬に予定されている「かるた文化祭」において表彰があり、受賞作品等印刷した記念かるた1セットが授与されるそうですよ。

詳しくは、「Karuta 2020プロジェクト」公式サイトで確認を。


【創作かるた賞2017】

  • 主催:Karuta 2020プロジェクトチーム(フロムジャパン内)
  • 対象:年齢、国籍、居住地問わず、誰でもオーケー(個人、グループでの共同作業のいずれも可。小学生は保護者か学校を通じての応募)
  • 作品:絵札/はがき~A4サイズの紙を使用した手書き作品、読み句/英語は単語数3~15、日本語は5・7・5調
  • 応募締切:2017年11月30日(木)

関連記事

  1. 【コード・A・ピラー】8つのパーツをつなげて自在に動かすイモムシ型プログラミングおもちゃ

  2. 【スマイルゼミ】小学校までに身につけたい10分野をひとりで学べる「幼児コース」12月開講

  3. 【ベネッセ】「全国実力診テスト」を自宅受験&アドバイス付き復習ドリル無償提供<休校支援>

  4. 【宇宙の日2020】テーマは「50年後の宇宙生活」…小中学生絵画&作文コンテスト 9/12〆

  5. 【国際デジタルえほんフェア2018】動く・飛び出す…最先端デジタル幼児教育に触れる 12/1

  6. 【DreamPIE】レゴのエデュケーションシステムを採用した子供向けオンライン英会話レッスン

  7. 【創造力ワークショップ】春休みこそ好奇心に火をつけよ…CANVASやチームラボ、新聞社による小学生親子プログラム 3/24〆

  8. 【TOKYOこども演劇フェスティバル2017】8月の舞台に出演する小学生168名を募集 6/15〆切

  9. 【8月24日】多彩な文化体験や遊びをつうじて楽しく国際交流「ASEANキッズ夏の教室」開催

グローバルエデュのプラン
7,495Fans
2,287Followers
40Followers

june, 2021

26may(may 26)04:3213aug(aug 13)04:32タフツ大学「Tufts Pre-College Programs Summer 2021」

18junallday【〆切】inochi Gakusei Innovators’ Program 2021関東

19junallday202021年度宇宙教育シンポジウム

19junallday06augハーバード大学「高校生サマースクール2021」

21junallday【〆切】SENPAIプログラム夏2021

28jun(jun 28)06:0430jul(jul 30)06:04「フィリップス・アカデミー2021 summer」オンライン

30junallday【終了】「ぼくはひとりで」出版記念プロジェクト

30junallday【〆切】千葉大学「ASCENT Program」

X