【Karuta2020】夏休みの研究にピッタリ…世界各国の魅力を絵札と読み句で伝えよう 11/30〆

ロジカルライティング講座

Karutaが広げるコミュニケーションの可能性

2020年の東京オリンピックに向け、さまざまなイベントが企画されていますが、今回紹介するのは「約200ヵ国の市民と互いの国を学び交流を目指す」グローバルなプロジェクト、「Karuta2020」。

karuta2020

日本古来からある「かるた」を、世界に向けて「KARUTA」として発信し、言語が通じなくても、絵札と読み札のマッチングで、世界中の人とコミュニケーションをはかることを目的としています。

このプロジェクトの一環として、現在KARUTA作品を募集しているのが「創作かるた賞2017」(締切は2017年11月30日)。

日本はもちろん、世界各国の魅力をつたえるもの(その国ならでは建物や景観、行事、人物、産業、自然など)から題材を決め、絵と読み句のペアで「1作品」を作成。いろは48文字全部など、複数作品の応募も可能です。

作品の作り方や応募方法など

絵札は、はがき~A4サイズの紙を使用し、手描きで作成(デジタル作品はNG)。読み句は、日本語か英語を選択し、英語は単語数3~15、日本語は5・7・5調で作成してください。

応募方法は、応募用紙をダウンロードのうえ必要事項を記載し、作品とともに郵送。

選考は2018年1月上旬までに行なわれ、12点(小学生3点、中高生3点、大学生3点、一般3点)を選出。受賞者にはメールにて通知があります。

1月下旬に予定されている「かるた文化祭」において表彰があり、受賞作品等印刷した記念かるた1セットが授与されるそうですよ。

詳しくは、「Karuta 2020プロジェクト」公式サイトで確認を。


【創作かるた賞2017】

  • 主催:Karuta 2020プロジェクトチーム(フロムジャパン内)
  • 対象:年齢、国籍、居住地問わず、誰でもオーケー(個人、グループでの共同作業のいずれも可。小学生は保護者か学校を通じての応募)
  • 作品:絵札/はがき~A4サイズの紙を使用した手書き作品、読み句/英語は単語数3~15、日本語は5・7・5調
  • 応募締切:2017年11月30日(木)

ロジカルライティング講座

7,575Fans
3,459Followers
125Followers
  1. 【東京工業大学】総合型・学校推薦型選抜で「女子枠」導入…2024年は…

  2. 【難民映画祭2022】これまで10万人が参加…難民の困難さを乗り越える…

  3. 【ミライーね!カードゲーム】子どもたちの視点で、楽しみながら未…

  4. 【スタンフォード・オンラインハイスクール校長が教える子どもの『…

  5. 【TOPPA 2022冬】21世紀型リーダーを養成する基礎コース&アフリカ…

  1. グローバルリーダー養成プログラム「TOPPA!!」

  2. ブリティッシュ・カウンシル英会話スクール

  3. 帝京大学可児高等学校「国際バカロレアコース」

  4. 国際高等専門学校(International College of Technology)

  5. ワールド・アローズ・インターナショナルスクール World Arrows Int…

november, 2022

05novallday06Private & International School Fair 2022@クアラルンプール

X