グローカル

【横須賀市】15年春より市内高校生20名が米海軍基地内「キニック・ハイスクール」へ短期留学

基地内の高校と交換留学で交流

日本にいながらにして留学ができるんです、しかもアメリカの高校に。

なんだかどこかで聞いたことのあるフレーズだなぁ…と思った人もいるかもしれませんが、今回の試みは自治体が主導する、ちょっと新しい学びのスタイルです。

横須賀市の高校生が、米海軍基地内にあるハイスクールに短期留学する制度が、2015年春よりスタート。

対象となるのは「市立横須賀総合高校」の生徒20名で、米海軍横須賀基地にある「キニック・ハイスクール Nile C. Kinnick High School」へ留学する予定となっています。

Kinnick横須賀

「英語が学べるまち」づくりの一環

横須賀総合高校は、横須賀市で唯一の市立高校で、03年に横須賀、商業、工業の3市立高校を統合して開校。

留学生は、英語力が英検3級以上、TOEIC350~400点程度であることが条件。留学期間は、15年3月19日(木)~4月2日(木)、5月4日(月)~6日(水)の平日の14日間を予定しています。

そして、キニック・ハイスクールの生徒10~20名もまた、5月11日(月)~15日(金)の5日間にわたり横須賀総合高校へ留学。

それぞれの学校で、留学生は案内役の学生(バディ)と終日行動をともにし、通常の授業を受け、生徒同士の交流を深める予定とのことです。

今回の留学は、横須賀市が「英語が学べるまち」づくりの施策の一環として実施するものですが、同市では15年度より「基地内米大学留学」もスタート。

【関連記事】横須賀市の基地内留学とは?

このような国際的な資源を最大限に活かした試み、今後もさまざまな自治体で広がっていくといいですね。


【横須賀総合高校×キニック・ハイスクール短期交換留学】

  • 主催:横須賀市
  • 留学先:横須賀総合高校、キニック・ハイスクール
  • 期間:キニックハイスクール/3月19日(木)~4月2日(木)、5月4日(月)~6日(水)の平日、横須賀総合高校/5月11日(月)~15日(金)
  • 対象:英語力が英検3級以上、TOEIC350~400点程度(横須賀総合高校の場合)
  • 人数:横須賀総合高校/20名、キニックハイスクール/10~20名

 

最新情報をFacebookにて
いちはやくお届け!


Globaledu on Weekends

Globaleduで紹介した記事を、その週末の土曜朝にメールマガジンにまとめてお届けします。家族が集まる週末は、未来の学びについて考えるチャンス。プランニングのヒントとして活用してくださいね!

Thank you for subscribing.

Something went wrong.

Tags
Close
X