イベント

【アドビ×サンリオ】小中高生は応募を「キティと一緒に! SDGsアイデアコンテスト」1/20〆

キティちゃんと鍛える「問題解決能力」

「アドビシステムズ」(東京・品川区)は、小中高大学生を対象とした「ハローキティと一緒にHello! SDGsクリエイティブアイデアコンテスト」への応募作品を、2020年1月20日(月)まで募集しています。

このイベントは、昨今のSDGsをテーマにした問題解決型学習(Problem Based Learning: PBL)が盛んになっている背景を鑑み、アドビのクリエイティブツールを使って、子どもたちがアイデアをわかりやすく表現し意見を伝え合う、「創造的問題解決能力」を発揮する機会を設けることを目的に実施。

じつはキティちゃん、2018年9月よりYoutubeの「HELLO KITTY CHANNEL」を通じてSDGsのゴールに向かって日本で活動する人たちの応援活動をしており、19年9月には国連とタイアップした企画「#HelloGlobalGoals」を世界中の人たちに向けて実施することが決定。

このコンテストでも、ハローキティをイメージキャラクターに広く応募を促進していきます。

動画、Web、ポスターでアイデアを表現

コンテストでは、公式サイトから無料でダウンロードできるクリエイティブアプリ「Adobe Premiere Rush」または「Adobe Spark」を使って、「2030年までに実現したい世界」や「SDGs達成のためのアイデア」などを、動画、Webページ、ポスターなどで表現した作品を募集。作品制作に際しては、ハローキティの指定モチーフを使用することが可能です。

なお、アドビの定義する「創造的問題解決能力」は、「分析的思考と抽象的思考」「コラボレーションとコミュニケーション」「臨機応変な対処」「デザイン」の4つのカテゴリーとスキルとしています。

応募資格や方法をチェック

応募部門と応募資格は下記の通り。

  • 学校部門…小学校・中学校・高等学校(中等教育学校・専修学校(高等課程)・特別支援学校・インターナショナルスクール・外国人学校を含む)
  • 学生・個人部門…大学生・短大生・専門学校生(高等専門学校・専修学校(専門・一般課程)に通う学生を含む)

参加方法は、「ハローキティと一緒にHello! SDGsクリエイティブアイデアコンテスト」公式サイトから作品をアップロードするなどして応募を。

2020年3月に、学校部門から6組、学生・個人部門から3組をそれぞれ優秀賞に選出して公式サイトにて発表し、表彰式は3月26日(木)に「サンリオピューロランド」にて行われる予定。受賞者には「Adobe Creative Cloud」のライセンス1年分が贈呈されるそうですよ。


【ハローキティと一緒にHello! SDGsクリエイティブアイデアコンテスト】

  • 主催:アドビシステムズ
  • 対象:小学生、中学生、高校生、大学生
  • 応募締切:2020年1月20日(月)

最新情報をFacebookにて
いちはやくお届け!

Globaledu on Weekends

Globaleduで紹介した記事を、その週末の土曜朝にメールマガジンにまとめてお届けします。家族が集まる週末は、未来の学びについて考えるチャンス。プランニングのヒントとして活用してくださいね!

Thank you for subscribing.

Something went wrong.

Tags
Close
X