【慶應大学】5つの課題を考え抜いてみる「小泉信三賞高校生小論文コンテスト2020」8/31〆

Fayサマースクール2023ウェビナー
帝京可児説明会

自分の視点で課題を考えてみよう

「慶應義塾大学」(東京・港区)は、「第45回小泉信三賞全国高校生小論文コンテスト」への応募作品を、2020年8月31日(月)まで募集しています。

慶應義塾長を務めた小泉信三博士の没後10年を記念し、1976年にスタート。青少年の文章表現能力の向上に寄与することを目的に実施。

対象となるのは、全国の高校に在学中の生徒(高等専門学校、中等教育学校、海外の学校等については、高等学校に相当する学年に在学する生徒)。

小論文は、下記の5つの課題からひとつを選択し、6000~8000字の長文で論旨のはっきりした「小論文」にまとめてください。

  1. 大学入試を考える
  2. 競争と助け合い
  3. 流言蜚語
  4. 死と向き合う
  5. 善を行うに勇なれ

作品は下記の審査員により審査され、小泉信三賞/1名(副賞15万円、記念品)、次席/1名(副賞8万円、記念品)、佳作/3名(副賞3万円、記念品)が贈られます。

  • 小川原正道さん(慶應義塾大学法学部教授)
  • 荻野 安奈さん(慶應義塾大学大学院文学研究科教授)
  • 権丈 善一さん(慶應義塾大学商学部教授)
  • 須田 伸一さん(慶應義塾大学経済学部教授)
  • 早川 浩さん(早川書房代表取締役社長)

応募方法は、フォームから原稿を送信。審査結果は、12月1日(火)に「三田評論」12月号誌上および慶應大学サイトで発表され、応募者全員にも書面で通知。

授賞式は、2021年1月10日(日)に慶應大学三田キャンパスで行われる予定です。

詳しくは、慶應大学「小泉信三賞全国高校生小論文コンテスト」公式サイトで確認を。


【第45回小泉信三賞全国高校生小論文コンテスト】

  • 主催:慶應義塾大学
  • 対象:全国の高校に在学中の生徒
  • 字数:6000字以上8000字以内(手書き原稿用紙15枚以上20枚以内)
  • 募集締切:2020年8月31日(月)17時




7,575Fans
3,592Followers
273Followers
  1. 【朝日新聞】「モモ」から「こども六法」まで…厳選した子ども向け書…

  2. 【U-18共創フェス】デザイン思考で課題解決に挑む…起業を1日で体験…

  3. 【ロジカル・ライティング講座】自分の考えを端的に伝える「英語で…

  4. 【カリフォルニア大学バークレー2023】寮滞在orオンラインから選択…

  5. 【台湾留学奨学金2023】大学、大学院、大学付属語学センターに留学…

  1. ブリティッシュ・カウンシル英会話スクール

  2. アントレ&リーダシップ教育「DECA JAPAN」

  3. 成長のチャンスに満ちた国際学生寮「U Share西早稲田」

  4. 帝京大学可児高等学校「国際バカロレアコース」

  5. アゴス・ジャパン(海外大学専門予備校)

イベントカレンダー

february, 2023