キッズ

【WWFジャパン】絶滅危惧種から採取した「うんことば」に学ぶ、動物生態学習コンテンツ公開

うんちのニオイから学ぶユニークなコンテンツ

「公益財団法人世界自然保護基金ジャパン」(WWFジャパン、東京・港区)は、動物の生態が楽しく学べるコンテンツ「においの惑星―くんくんPlanetに出かけよう」を、2020年7月より公開しています。

このコンテンツは、WWFジャパンが2017年から実施してきた環境教育プログラムのひとつで、動物たちのうんちのにおいを嗅ぐ体験をしたあとに、においを「言葉(うんことば)」にしたうえで、野生生物の生態や生息環境についての知識を学ぶという、学びのプロセスがデザインされた教育プログラム。

「うんことば」は、ワインやコーヒーのアロマを体系的に表現する際に用いられるホイール状チャート「アロマホイール」を手本にした「うんことばホイール」で表現

これまで東京、神奈川、京都、沖縄などの動物園と協働しながらイベントを実施し、イベント参加者2500人の「うんことば」を分析・分類し、自宅でも動物園に行っているかのように動物の生態を学べるコンテンツとしてまとめられています。

うんちは、アジアゾウ、ボルネオオランウータン、トラ、キリン、ライオン、ニシゴリラ、ジャイアントパンダ、ホッキョクグマ、リュウキュウイノシシ、レッサーパンダ、アカアシドゥクラングールから採取されたもので、これらはすべてIUCN(国際自然保護連合)のレッドリストにも掲載されている絶滅の危機に瀕している動物たち。

うんちのニオイから想起されることばには、動物たちの生活がギュッと詰まっていて、生活のあらゆる場面とリンクしているのがとってもユニーク!

ぜひこの夏休みに、親子で動物たちの生活を身近に感じる体験をしてみてくださいね!

においの惑星ーくんくんPlanetに出かけよう 


【においでめぐる動物園 ―くんくんPlanetに出かけよう】

  • 公開:2020年7月
  • 運営:公益財団法人世界自然保護基金ジャパン
  • 利用:無料

最新情報をFacebookにて
いちはやくお届け!

Globaledu on Weekends

Globaleduで紹介した記事を、週末にメールマガジンにまとめてお届けします。家族が集まる週末は、未来の学びについて考えるチャンス。プランニングのヒントとして活用してくださいね!

Thank you for subscribing.

Something went wrong.

Tags
Close
X