STEM教育キッズ

【リトルビッツ】15万種類の回路が組める…超手軽に電子工作が楽しめちゃう知育電子ブロック

70ヵ国で販売されている革新的なオモチャ

ブロックをつなぎ合わせるだけで、電動式オモチャがつくれる知育電子ブロック「リトルビッツ littleBits」が革新的ですごい! と、話題になっていますよね。

なにがそんなに革新的なのか。

リトルビッツベースキット
ベースキットには、モーター、ブザー、ライトセンサー、ボタン、電源、ワイヤー、LEDライトなど10個のモジュールのほか、9V電池、車輪やダンボール などをDCモーターに取り付けやすくする「モーターメイト」、プロジェクト・ブックレットも付属。日本では「コルグオンライン」で1万1314円で販売。

レゴを組み立てるような感覚でブロック(モジュール)をつなげていくと、モーニング・アラームやスピード・コントローラーなどの電子工作の作品が完成。

ブロックは磁石で直感的かつ安全につなげることができ、組み立てられる電子回路はなんと15万種類以上!

段ボールや割り箸など身近な素材を組み合わせれば、自分だけのオリジナル電動オモチャがつくれちゃう!

aa
リトルビッツと身近な素材を組み合わせると、オリジナルな電子オモチャを作ることができる。

ブロック(モジュール)は、緑(出力)、青(電力)、ピンク(入力)、オレンジ(配線)で色わけされているので、役割を考えながらつなげていくと、電子回路について楽しみながら学ぶことができ、オモチャも完成。

プログラミングの知識やハンダづけのスキルがなくても、だれでも電子工作体験ができてしまう。

この手軽さは、なんとも画期的でワクワクしてきますよね!

2000以上の学校が教材として使用

リトルビッツは、MITの大学院生だったAyah Bdeirさんが開発。

2011年に販売が開始され、現在では70以上の国で販売、2000以上の学校が教材として使用した実績があるそう。

日本ではモジュールのバラ売りはしていないので、いくつかのモジュールがセットになったキットを購入することになります。

日本の販売代理店「コルグオンライン」では、ベースキット(10モジュール)、プレミアムキット(14モジュール)、デラックスキット(18モジュール)のほか、シンセサイザーがつくれるキット(12モジュール)、NASAの科学者により設計されたスペースキット(12モジュール)の5種類を販売。

遊び方は、littlebits公式サイトの「プロジェクト」ページにさまざまな作品が投稿されているので、まずはそちらを参考に作品をつくってみるとよさそう。

公式サイトにある、さまざまな作品例をみることができる「プロジェクト」ページ。
さまざまな作品例をみることができる「プロジェクト」ページ。

対象年齢は8才以上となっていますが、ハマってしまう大人も続出している模様。

子供の誕生日やクリスマスのプレゼントとして、ぜひ検討してみたいアイテムですね!

アマゾンで【リトルビッツ】 ベース・キットをチェック


【リトルビッツ】

  • 販売元:コルグオンライン
  • 価格:ベースキット(10モジュール)/1万1314円、プレミアム(14モジュール)/1万6457円、デラックス(18モジュール)/2万1600円、シンセキット(12モジュール)/1万6457円、スペースキット(12モジュール)/2万1600円

最新情報をFacebookにて
いちはやくお届け!


Globaledu on Weekends

Globaleduで紹介した記事を、その週末の土曜朝にメールマガジンにまとめてお届けします。家族が集まる週末は、未来の学びについて考えるチャンス。プランニングのヒントとして活用してくださいね!

Thank you for subscribing.

Something went wrong.

Tags
Close
X