【ワクワク留学フェア2022】マレーシア留学がいよいよ再開! 多彩なインター校6校の最新情報をゲットしよう 5/14,15

TOEFLレベルチェック

マレーシア留学の現在がわかるフェアに参加を

マレーシアはこれまで慎重にコロナ禍対策を実施してきましたが、現在は留学は可能で、4月1日からは観光ビザでも入国が可能になったため、学校見学でマレーシアを訪れることもできます。

そこで、ぜひ参加したいのが、マレーシア教育移住・母子留学・単身留学を考える家族に向けて開催される、オンライン留学フェア「ワクワク留学フェア2022」。2022年5月14日(土)、15日(日)の2日間に渡り開催されます!

主催者の「WAKUWAKU MALAYSIA SDN. BHD.」は、マレーシアの教育・移住情報を発信するウェブメディア「ワクワク海外移住」を運営し、留学および教育事業を行っている

今回の留学フェアでは、マレーシアの人気インターナショナルスクール6校の学校説明会や個別相談会がおこなわれる予定。

また、マレーシア在住の文筆家・野本響子さん(「子どもが教育を選ぶ時代へ」著)や、「Monash University」の渡部 幹准教授をゲストに迎え、マレーシアでの教育の魅力をたっぷり聞くことができるチャンス。

さらに、現役留学生やそのご家族と自由に交流し、現地の生の声を聞いていただけるチャットルームも開設される予定です。

マレーシアならではのバラエティ豊かな6校が参加

マレーシア留学の魅力は、その選択肢の多さ。インター校の学費も、Year1(小学1年生相当)で年間約50万~280万円、Year7(中学1年生相当)では年間約65万~300万円と、幅広く用意されています。

留学フェア当日も、エリアやカリキュラム、学費もバラエティ豊かな6校が参加予定です。

エプソムカレッジ マレーシア(クアラルンプール)

およそ170年の歴史を持つ英国「エプソム・カレッジ」のマレーシア校。英国と同様の教育内容を本国よりも手ごろな価格で受けられます。勉強だけでなく、スポーツや音楽、芸術、IT教育にも力を入れていて、広大な敷地と充実した施設が特徴。単身留学用の寮も完備。

ネクサス インターナショナルスクール(クアラルンプール)

2007年に開校した、マレーシア「テイラーズ大学」を頂点とするテイラーズグループが経営するインター校。閑静で美しい行政の街・プトラジャヤにあり、政府高官の子女なども多く通う。マレーシアのIB校では毎年トップレベルの成績を修めている。単身留学用の寮も完備。

キングヘンリーVIII カレッジ マレーシア(クアラルンプール)

イギリス本国で1541年に設立され、約480年の歴史を誇るクライストカレッジ・ブレコンの姉妹校。2018年9月に、クアラルンプール近郊に開校。イギリス本校の教育内容や精神などを再現し、学年によってはウェイティングがあるほどの人気。単身留学用の寮も完備。

サンウェイ インターナショナルスクール(クアラルンプール、ジョホールバル※)

マレーシアの都市開発企業・サンウェイが運営しているインター校。カナディアンカリキュラムをベースに、クアラルンプール校とジョホール校がある。2023年には、クアラルンプールに小学校も開校予定。ジョホール校ではセカンダリーからMYP・IBカリキュラムを提供。単身留学用の寮も完備。

※ジョホール…シンガポールとの国境沿いのため、シンガポールとの行き来が容易。自然が多く、のんびりした場所。治安も良くなってきており小さいお子さんにおすすめ。物価がクアラルンプールよりも安い

テンビースクール(クアラルンプール、ジョホールバル、ペナン※、イポーなど6キャンパス)

1960年に、マレーシア第3の街・イポーでイギリス式の幼稚園としてスタートしたテンビー。現在、イポー、クアラルンプール、ペナン、ジョホールに4校を展開。16ヵ国56校で構成されたインターナショナルスクール・パートナーシップに加盟しており、世界中のインター校と交流がある

※ペナン…クアラルンプールからクルマで4時間、飛行機で1時間程度。世界遺産の街があり、海も山も楽しむことができる。のんびりしていて、治安がいいのも特徴。物価も比較的安い

ウェストレイク インターナショナルスクール(カンパー※)

クアラルンプールから北へクルマで2時間ほどの、山と湖に囲まれた街・カンパーにあるインター校。イギリス式カリキュラムを提供していて、英語初心者向けのプログラムも充実。単身留学生のための寮のほか、家族寮もある。クアラルンプール近郊では、もっとも学費が手ごろ。

※カンパー…イポーの近くにあり、治安がよくのんびりした場所。物価はかなり安い

家族のカタチに合わせた留学も可能

マレーシアでは、留学方法も、学生寮滞在での単身留学や親子で現地に滞在する親子留学や短期移住まで多様な選択肢があります。

親子留学では、学校近くのコンドミニアムや一軒家を賃貸で借りて生活するケースが多く、インター校の周りにはスーパーやショッピングモールがある居住エリアのため、セキュリティもしっかりしていて生活に困ることもありません。

また、小さな子どもと留学する場合は、インター校が提供するプリスクールもあり、学生寮での受け入れの可否など、年齢や学校によって異なるので、気になるインター校があればぜひ個別に質問したいですね。

たとえば、上に兄や姉がいて、上の子がインター校に通う場合は、帯同ビザを利用してローカルキンダーに通うことも可能な場合もあるそうですよ。

特典にもワクワクが詰まっている!

今回の留学フェアに参加すると、ふたつの特別なプレゼントがもらえます。

まず、①マレーシア留学に役立つ情報がもりだくさんの「ワクワク留学フェア2022」公式ガイドブック。今回の留学フェアを最大限活用するのに役立ちます。そして、②参加者だけのシークレットプレゼント。ワクワクが詰まっていますね!

学校説明会や個別相談には日本語通訳がつくので、英語が苦手な人も安心して参加できますよ!

申し込みや詳細は、「ワクワク留学フェア2022」公式サイトから確認を。


【マレーシア・インターナショナルスクール ワクワク留学フェア2022】

  • 主催:ワクワク海外移住
  • 日時:2022年5月14日(土)、15日(日)各日10時~16時(9時50分開場)
  • 開催方法:オンライン(Zoom、Spatial Chat)
  • 対象:マレーシアへ教育移住・留学を検討している0~14才の子どものいる家族
  • 参加:無料

グローバルエデュのプラン

7,575Fans
3,447Followers
125Followers
  1. 【SHIBUYA ART AWARDS】2022年のテーマは「Contact 接点の質感」…未…

  2. 【みてね基金】家族を取り巻く社会課題解決に取り組む非営利団体に…

  3. 【多摩美術大学】自由闊達な美大講師の視点に学ぶ新・教養講座「TAM…

  4. 【子どもたちに大切なことを脳科学が明かしました】親が知っておき…

  5. 【マンガでよくわかる! 英語が好きになる本】韓国の子どもたちを英…

  1. エリート・オープンスクール・ラーニング・リソース・センター東京…

  2. ワールド・アローズ・インターナショナルスクール World Arrows Int…

  3. 国際高等専門学校(International College of Technology)

  4. グローバルリーダー養成プログラム「TOPPA!!」

  5. ブリティッシュ・カウンシル英会話スクール

october, 2022

02octalldayPrivate & International School Fair 2022@ペナン

10octallday【〆切】山田進太郎D&I財団「STEM(理系)女子奨学助成金」

15octalldayPrivate & International School Fair 2022@ジョホール

15octallday【〆切】テンプル大学ジャパンキャンパス「持田・ストロナク全額奨学生」

X