小学校

【明治大学】異国からの転校生と共生する方法を考える…小学生対象ワークショップ参加者30名

好評を博したワークショプが再び開催

「明治大学」国際日本学部は、2020年11月21日(土)に開催する、小学5、6年生を対象とした「多文化共生ワークショップ」への参加者30名を募集しています。

このイベントは、国際日本学部の山脇啓造ゼミナールが主催するワークショップで、世界には多様な文化が存在しており、多文化共生をより身近に感じることを目的に開催。

このワークショップは、7月25日(土)に実施した内容と同じもので、保護者からも好評を博したことから2回目を実施することになったのだそう。

海外からの転校生とどう共生するかを考える

ワークショップでは、インドネシアからやってきた転校生のナギラちゃんとどうしたら楽しい学校生活を送れるようになるのか、という架空の物語をベースに進められます。

小学5・6年生と山脇ゼミの学生が一緒に学校生活を再現したオリジナルの動画を見ながら、ロールプレイを行い、途中参加者に簡単なクイズに答えてたり、動画内で提示された課題にどのように対処すればいいのか、一緒に話し合う時間を設けているそうですよ。

参加を希望する人は、イベント予約サイト「Peatix」から申し込みを。


【大学生と学ぶ 多文化共生ワークショップ】

  • 主催:明治大学国際日本学部 山脇ゼミ
  • 日時:2020年11月21日(土)14時~15時
  • 会場:Web会議室・Zoomを使用
  • 対象:小学校5、6年生
  • 定員:30名 ※定員に達し次第締め切り
  • 参加:無料

最新情報をFacebookにて
いちはやくお届け!

Globaledu on Weekends

Globaleduで紹介した記事を、週末にメールマガジンにまとめてお届けします。家族が集まる週末は、未来の学びについて考えるチャンス。プランニングのヒントとして活用してくださいね!

Thank you for subscribing.

Something went wrong.

Tags
Close
X