【国連WFP】世界の飢餓問題の解決法を模索する「未来をつくる食料支援とフードテック」11/24

Fayサマースクール2023ウェビナー
帝京可児説明会

世界の飢餓、栄養問題の解決法を模索

「国連WFP」と「朝日新聞社」は、オンラインイベント「未来をつくる食料支援とフードテック」を、2021年11月24日(水)に開催します。

国際社会共通の目標「SDGs」では、2030年までに飢餓をなくし、食料の安定確保と栄養状態の改善の達成、持続可能な農業の推進が掲げられていますが、世界ではいまだ8億人にのぼる人々が飢餓に苦しみ、30億人が健康的な食事をとることができておらず、現状は深刻です。

栄養不良は貧困や格差の要因となり、大きな経済損失や健康リスクをもたらしています。栄養への投資は命を救うだけでなく、生活を変え、社会、経済の発展につながります。

フードテックの最新動向がわかる

今回のイベントは、「東京栄養サミット2021」に合わせて開催されるもので、世界の飢餓、栄養問題の解決法を模索します。

イベントを通じて、飢餓、栄養不良問題への国連WFPの活動や企業の取り組み、解決手段になり得るフードテックの最新動向を知ることができるほか、パネルディスカッションも予定されています。

フードテックとは、最新テクノロジーを使って、新しい食品を開発したり調理法を発見する技術のことで、たとえば、大豆ミートもフードテックから生まれた商品のひとつ。効率よく必要な栄養素が摂れる食品も開発されるなど、世界の食料問題を解決する手段としても注目されています。

イベントには、国連WFPの焼家直絵さん、フードテック・エバンジェリスト・外村仁さんをはじめとする専門家が登壇します。

イベントに参加したい人は、「朝日新聞社」サイトから申し込みを。


【未来をつくる食料支援とフードテック】

  • 主催:朝日新聞社、WFP国連世界食糧計画(国連WFP)
  • 開催日:2021年11月24日(水)14時~16時10分
  • 場所:オンライン(Zoom)
  • 対象:一般参加者、企業、NGOやその他関係者
  • 費用:無料
  • 申込締切:11月24日(水)




7,575Fans
3,657Followers
273Followers
  1. 【朝日新聞】「モモ」から「こども六法」まで…厳選した子ども向け書…

  2. 【U-18共創フェス】デザイン思考で課題解決に挑む…起業を1日で体験…

  3. 【ロジカル・ライティング講座】自分の考えを端的に伝える「英語で…

  4. 【カリフォルニア大学バークレー2023】寮滞在orオンラインから選択…

  5. 【台湾留学奨学金2023】大学、大学院、大学付属語学センターに留学…

  1. 帝京大学可児高等学校「国際バカロレアコース」

  2. 成長のチャンスに満ちた国際学生寮「U Share西早稲田」

  3. 国際高等専門学校(International College of Technology)

  4. ワールド・アローズ・インターナショナルスクール World Arrows Int…

  5. アゴス・ジャパン(海外大学専門予備校)

イベントカレンダー

february, 2023