【お迎えシスター】見えてくるのは英語の先にある世界…「バイリンガル大学生=憧れのロールモデル」との学びがわが子の未来を変える

子どもは憧れの存在をきっかけに成長する

あなたのお子さんには、身近に「すごい!」「おもしろい!」と思える、お姉さんやお兄さんはいますか?

子どもの世界は、「あんな風になりたい」とワクワク憧れる存在をきっかけに大きく広がっていき、その存在は子どもの未来を大きく変えてしまうほどのポジティブな影響力となりうることは、みなさんもご存知かと思います。

しかし、超少子化や核家族化が進み、地域とのつながりも希薄となった日本では、異なる世代やコミュニティとつながる機会は失われ、さらにはグローバル化する世界ともほとんどリンクすることのない、ガラパゴスな状況に私たちは生きています。

このような孤立と不安に満ちた環境で、どうすればわが子に「成長につながるきっかけ」を与えてあげることができるでしょうか。

*    *    *

今回フォーカスするのは、学校や家庭という枠組みを超え、子どもたちの「インスピレーション(創造性の源)」となるようなロールモデル(模範となる人)を送り出すことをミッションとする「お迎えシスター」というサービス。

お迎えシスターは、「株式会社セラン」(東京・港区)が2015年8月にスタートした、5才〜15才を対象としたプライベート英語レッスンサービス

お迎えシスターは、幼少期を中国やアメリカ、日本で過ごし、北京大学国際関係学部を卒業した樋口亜希さんが立ち上げたサービスです。

樋口さんが北京大学を卒業したときの写真。樋口さん自身が、カナダ人やマレーシア人、台湾人、トルコ人などさまざまな国の留学生シッターから大きな影響を与えてもらった経験から、お迎えシスターは「子どもたちが世界をもっと身近に感じられる環境を作りたい」という強い想いで運営されている

送迎や英語レッスンも魅力だけど…

「お迎えシスター」は、バイリンガル大学生のお姉さん・お兄さんが保育園や学童に迎えに来てくれ、一緒に帰宅して自宅で英会話レッスンが受けられるサービス。

送迎がつかない、英会話レッスンのみの「自宅プラン」もあり、おもに下記のようなプランを提供しています。

  • お迎えプラン…週1回/90分(月額3万4800円)、週1回/120分(4万6800円)
  • 自宅プラン…週1回/90分(月額2万9800円)、週1回/120分(3万9600円)

※いずれも交通費込、税別

お迎えシスターは、いわゆる「送迎つき英会話家庭教師」ですが、その魅力は「英語のレッスンを通じて、英語のさらに先にある世界をナビゲーションしてくれるロールモデルとの出会い」にあります。

現在、数百名の先生が在籍していますが、それらの先生はすべて「海外経験3年以上」、通過率20パーセントという狭き門を突破したバイリンガル大学生。先生たちが滞在したエリアは30ヵ国以上にも及びますが、それら選りすぐりの先生と生徒のさまざまなニーズをマッチさせることで、お迎えシスターにしかない付加価値を生み出しています。

「バイリンガル」先生は、幼少期の外国語習得のノウハウを自身の体験をもとに伝授できるのが大きな強み。これまで1000名を超える子どもたちがお迎えシスターを利用し、9割を超える保護者が「子どもの世界観が広がった」と回答している

お迎えシスターで促される成長 その①

では、お迎えシスターを実際に利用すると、わが子にどのような成長がもたらされるのかーー現在、お迎えシスターを利用中のふたりの保護者から話を伺いました。

まずは、8才の娘さんが「送迎プラン」を利用している、東京・豊島区在住の丸本さん。

<丸本さんファミリー プロフィール>
東京・豊島区在住の共働きファミリー。2019年5月からお迎えシスター「送迎プラン」(週1回90分、17時15分〜18時45分)を利用。8才の娘さんは4才から英語を学んでいますが、英語がなかなか出てこない状況で、わかっていても先生のまえで話せないことも。お迎えシスター以外にも、水泳教室(週1)とピアノ教室(週1)、民間学童(習字・ダンス・英語なども学べる)を利用。保護者の英語力は、夫婦ともに仕事で英語の論文などは読めますが、英会話は日常会話レベル

信頼できる「お姉さん」を通じて、娘の興味は
大学や海外まで広がり、英語の発音も驚くほどよくなりました

ーーなぜ、お迎えシスターを利用するようになったのですか?

お迎えシスターを知ったきっかけは、友人ふたりがお迎えシスターのFacebookページに「いいね」していたからです。「お迎え」というキーワードが気になったので、ネットで検索してサービス内容を知りました。

いいなと思ったのは、まずは「お迎え」をしてくれるところ。共働きなので、娘の習いごとは土曜日に集中していましたが、お迎えのおかげで平日も有効に使えるので助かっています。

そして「英語レッスン」のコンセプトもいいな、と思いました。娘は、4才のころから英会話スクールに楽しく通っていましたが、小学校に入学してからは日程の都合で通えなくなり、別のスクールに1年間通ったら英語がつまらなく「辞めたい」「英語キライ」と言うようになりました。

もっと楽しく、英語が身近に感じられるスクールはないかな? と探していたところ見つけたのがお迎えシスターです。プライベートレッスンなので子どものレベルに合わせてくれるし、先生と年齢が近いのもいい。そして、英語ができるだけではなく、いろんな国での経験や文化を知っている先生が来てくれるのも魅力でした。

ーー娘さんにとって「お迎えシスター」はどのような存在ですか?

娘を担当してくれているのは、カナダに4年、ノルウェーに4年、ロシアに2年半滞在した経験のあるバイリンガルの大学生です(2019年5月〜)。

娘のことをとてもかわいがってくれるので、ひとりっこの娘には「お姉さん」のような存在で、英語を教わるだけでなく、「大学ってどんなところ?」「先生がやっているチアはどういうことをするの?」「先生が住んでた国はどんなところ?」など、先生に関連することにもいろいろと興味を持つようになりました。

バイリンガル先生と世界の国々について学んでいる様子。先生には、カリキュラムやこどもへの指導方法などに関する研修を徹底することで、「楽しく」「安全な」レッスンを実現している

ーーお迎えシスターを通じて、娘さんにはどのような変化がありましたか?

まず、発音が驚くほどよくなりました。ひと言ひと言、出てくる単語の発音がよくなっています。

以前の英会話スクールでは、娘が理解していなくても単元に沿ってどんどん先に進んでしまいましたが、お迎えシスターでは1対1でわからないところはとにかく潰していくやり方で、同じ単語でも何度もやってくれるので発音も確実に身についていると感じます。はじめての単語も音や意味を想像できるようになり、「これは、こう読むの? こういう意味?」と英語にさらに興味を持つようになりました。

ーーお迎えシスターに、今後どのようなことを期待しますか?

先生やサービスにはとても満足しています。私には仕事があるためレッスンは見れませんが、レポートできちんと状況を知らせてくれますし、娘と先生の間にも信頼関係がしっかり築かれているので安心しています。

また、娘には英語で会話ができるようになってほしいので、いつか私が帰宅しときに先生と英語で会話をしている姿をみてみたいですね。

そして、先生にはこれからも日常的な会話もどんどんしてもらいたいです。私たち保護者世代が受けた英語教育では、難しい論文を読むことができても、スムーズに会話はできるようにはなりませんでした。だからこそ、英語の障壁がないと世界はすごく広がると感じていますし、娘がどんな人生を歩むにしても広い視野を持ってほしいので、先生からいい刺激をたくさんもらって、もっともっと世界を広げてほしいと思っています。

今後も、先生といい関係を築いていきたいです。私も学生時代に家庭教師をしていたことがありますが、教え子とは現在も年賀状をやり取りしていますし、私の人生の財産となっています。お迎えシスターも、娘だけではなく先生にとってもかけがえのない時間となれば、双方にとって深い絆となり人生の宝物になるのではないでしょうか。

お迎えシスターで促される成長 その②

つぎは、9才の息子さんが7才から「自宅プラン」を利用している、東京・中央区在住の小鹿さん。

<小鹿さんファミリー プロフィール>
東京・中央区に在住。2017年11月から、お迎えシスター「自宅プラン」(週1回120分、17時〜19時)を利用。9才の息子さんは、3才からインターナショナルスクールに通っており、現在も在学中。お迎えシスター以外にも、それぞれ週1で水泳・サッカー・空手・ピアノ教室に通う。保護者の英語レベルは、母が日常会話レベルで仕事で少し使う程度、父はビジネスレベル

宿題を集中して終わらせる習慣が身につき
英語でプレゼンすることの楽しさにも目覚めた!

ーーお迎えシスターを利用するようになったきっかけを教えてください

息子が通っているインターナショナルスクールの同級生が利用していたので、紹介してもらいました。当時、学校の先生に「ホームワークがまったくできていない」と指摘され、私が宿題をみてあげようにも英語力に限度があったので、英語がネイティブレベルの先生に教えてもらえたらいいなと考え、お迎えシスターを利用することにしました。

ーー息子さんにとって「お迎えシスター」はどのような存在ですか?

現在の先生は、フィリピンに5年、香港に12年滞在した経験のあるバイリンガルの大学生です。(2017年11月から利用しているので)これまで複数の先生との出会いがありましたが、どの先生も人柄がとてもよく、仲良くやってきました。

最初の先生は、集中力が切れたときに息子が好きな飛行機や船の模型デザインを教えてくましたが、いまでも影響を受けているようで、息子が好きな絵を描くときはそのときの図面を描いたりしています。

ーーお迎えシスターを利用して、息子さんにどのような変化がありましたか?

自分で宿題ができるようになり、その習慣も身についてきています。最初の先生とは日本語と英語を混ぜながらのレッスンでしたが、現在はほとんど英語でやっています。また、最初のころは集中力が続かず、先生の膝の上に座ったり泣いたりして甘えたり「やらされている感」もありましたが、いまでは集中してレッスンできるようになりました。

お迎えシスターは、受講生を対象とした「Kids Presentation Day!!」というイベントを毎年開催しているので、息子も今年はじめて参加してみたところ、このときの経験がとても楽しかったようで、「つぎの発表会もがんばる!」といまから張り切っています。

Kids Presentation Day!! 以外にも、「世界の通貨」などについて学べるイベントも開催しており、好評を得ている

日本の学校ではプレゼンの機会はなかなかないですし、いま通っているインターナショナルスクールは逆にプレゼンが多いので、大変勉強になっています。ですので、このプレゼンに向けて先生としっかりと準備し発表するまでの経験は、息子にはとてもいい勉強になり、成長を感じているようです。

ーー今後、お迎えシスターにどのようなことを期待しますか?

これまでは宿題のサポートを中心にお願いしてきましたが、今後はもう少し学力を伸ばせるような内容にシフトできればと思っています。たとえば、宿題は自分でできるよう促してもらい、そのぶん息子の苦手分野をサポートしてもらえるといいですね。

息子の学校は生徒に求めるレベルが高いので、お迎えシスターのサポートで授業にもついていってほしいし、先生を通じて世界にはさまざまな可能性や選択肢があることを知り、そのうえで興味あるものや好きなものを見つけて伸ばしていけたらいいな、と思っています。

「世界で生きる」ための英語力を獲得しよう

ユーザー視点で「お迎えシスター」の魅力を紹介してきましたが、それでは実際に「お迎えシスター」はどのように利用するのでしょうか。

お迎えシスターを利用するには、下記のようなステップを踏みます。

  1. 体験レッスンへの申し込み(公式サイトから受付)
  2. 自宅にて体験レッスン(無料体験レッスン60分)
  3. 体験レッスンの際、レッスンの希望曜日、英語学習経験、利用目的、先生に対するリクエストなどを伝える
  4. 本レッスン登録→ 条件に合う先生を厳選のうえ紹介
  5. レッスン開始

レッスンは、基本的には独自開発した「Selanメソッド」に沿って、それぞれの子どものレベルに合わせて行われますが、学校の宿題サポートや英検対策、先生とオリジナルプロジェクトを立ち上げるなど、それぞれの受講生のニーズに合わせたレッスンも可能です。

「Selanメソッド」によるレッスンでは、1回90分の場合、〈テキストブック編〉60分と〈アクティビティー編〉30分の2本柱で構成され、英語を体系的に学ぶだけでなく、子どもたちの興味や世界観を広げる包括的なレッスンが行われます。

〈テキストブック編〉では、英国Pearson社のテキストブックをベースにカスタマイズしたレッスンを行い、フラッシュカードも使って英語力を向上させていきます。

〈アクティビティー編〉では、1ヵ月をかけて1ヵ国をさまざまな視点から英語で学んでいき、最終的にはオリジナルのトラべルブックの作成を通して世界を身近に感じる「World Study」のほか、STEM要素を取り入れた「Science Program」では、英語を使いながら身近なもので実験や工作をし、自然科学への知的好奇心を高めていきます。

*    *    *

わが子に身近なロールモデルを用意してあげることで、英語はもちろん「英語の先にある世界」にも好奇心が広がっていく、オンリーワンな学びが詰まった「お迎えシスター」。

まずは、「無料体験レッスン」でその魅力を体感してみてくださいね!

\\ 期間限定キャンペーン実施中 //

キャンペーン期間:2020年2月1日(日)〜4月30日(木)

  • 体験レッスン時に、スタバカード500円分プレゼント!
  • 入会金(通常3万3000円)が無料!※体験レッスン日から起算して7日以内に入会した人が対象

体験レッスンの申し込みはこちらから


【お迎えシスター】

  • 運営:株式会社Selan(代表/樋口亜希)
  • 所在地:東京都港区六本木7-18-18「住友不動産六本木通ビル」2階
  • エリア:おもに都内23区(自宅)にて提供 ※その他のエリアも応相談
  • 対象:5才〜15才
  • レッスン可能時間:平日/10時〜19時30分、土曜日/12時〜18時
  • プラン:お迎えプラン、ご自宅プラン ※「週1プラン」を複数受講することが可能
  • 月額料金:お迎えプラン(週1回90分レッスン/3万4800円、週1回120分/4万6800円)、ご自宅プラン(週1回90分レッスン/2万9800円、週1回120分レッスン/3万9600円)※いずれも交通費込、税別。別途入会金として3万円が必要

◎提供:お迎えシスター

関連記事

  1. 【小学館】自宅学習を楽しく…人気ドリルなどのコンテンツ無料公開「うちスタ」 <休校支援>

  2. 【9月30日〆切】小学生向け「TOEFL Primary」第1回試験(11月9日)申し込み受け付け中

  3. 【Tech Kids CAMP in English 2019春】英語でプログラミングを学ぶ2日間@東京&大阪

  4. 【プログル】「みんなのコード」が開発した、誰もが授業で使えるプログラミング教材を無料配信

  5. 【マナビゲート2016】東工大や早稲田など12大学がキッズ向け大学体験イベント開催8/20-21

  6. 【GLOBAL CROWN】バイリンガル先生との授業&充実の自宅教材で4技能向上<休校支援>

  7. 【5月5日】全国100会場で開催「Hour of Code Japanこどもの日1万人プログラミング」

  8. 【大阪府】16年度より公立小で導入予定のフォニックス教材を「mpi松香フォニックス」が開発

  9. 【KOOV】トライグループとワオ・コーポレーションと提携し全国でプログラミング講座提供

コロナ留学
  1. 【カリフォルニア大学バークレー校】16〜18才対象…ESLから単位取得…

    2021.03.08

  2. 【GCI LEAD チャレンジ2021】リーダーシップ・倫理・アボカシー・デ…

    2021.03.06

  3. 【シン・ニホン】若さという才能を開花させよう…安宅和人さんの著書…

    2021.03.06

  4. 【AEBS 2021】アジアトップ大生が運営「ハーバード生講師とリーダー…

    2021.03.04

  5. 【横須賀市】米軍基地内メリーランド大学「ブリッジプログラム2021…

    2021.03.02

  1. 【海外教育機関】慶応、早稲田、立教、公文…海外にある日本の寮制高…

  2. 【英国パブリックスクール01】世界のセレブ子女が集う超名門寄宿学…

  3. 【清華大学】MITを超えた…最高峰&最先端高等教育から知る「学びの…

  4. 【学ぶKL12】小学校はどう選ぶ…? いろいろ見学して小さなIBスクー…

  5. 【インド系インターナショナルスクール】数学教育や学費の安さで注…

march, 2021

16janallday21marコロンビア大学「高校生春期講座2021」

01marallday25大使館周遊スタンプラリー2021

11maralldayNPO法人カタリバ「防災と命の授業」

12marallday【〆切】春休み高校生「シン・ニホン」読書会

12marallday14台湾留学フェア2021

14marallday【〆切】AEBS 2021

15marallday【〆切】UWC ISAKサマースクール

15marallday【〆切】佐渡島・親子松ヶ崎留学

31marallday【〆切】クマ財団「2021年度クリエイター奨学生」第5期生②

X