【わが家の学び道05】英語×アクティブラーニングを実践するポピンズ「PALIS」(東京・恵比寿)

わが家生きる道

理想的な保育サービスを求めて

わが家の次男は、もうすぐ2才。共働き家庭だったので、次男も保育園に入れたいと考えていた。

しかし、認可保育園に昨年4月の入園希望で申し込みをしてみたものの、思いっきり落選。

そして、この春兄が卒園したため、兄弟在園でのポイント加算を失ってしまい今年も落選。もう保育園に行かせるのは諦めている。

そこで、兄のときは考えていなかった、幼稚園・プリスクール・運動系幼児園まで選択幅を広げ、いろいろな施設を見学をしてから決めようと方向転換。

でも、いざ見学してみると「いいかげんな保育施設が多すぎる…」というのが正直な感想だ。

兄の保育園は昔からある区立の認可保育園だったので、先生の身だしなみもきちんとしているし、室内も清潔に保たれている。それが普通だと思っていた。

しかし、見学した施設はトイレの備品がぐちゃぐちゃのまま、狭い保育室に小さな仕切りだけで子どもたちが保育されている、子どもの名前は呼びすて(プリスクールなら納得いくけど)などなど…

一面だけで判断はできないが、それが「すべて」な気がするのも事実だ。

そんななか、施設が清潔・先生方がていねい・持ち物が最小限など、親目線で優秀だと思う保育施設もちらほらあり、それらの施設は、たいがい「ポピンズ」という保育サービス会社が運営している。

ポピンズのホームページをチェックしてみると、インターナショナルスクールの園も運営しているとある。

しっかりとした保育サービスのもと英語も学べる。「これぞわが家が探してるスクールかも!?」と、さっそく見学に行ってみることにした。

ポピンズでアクティブラーニング

今回訪れたのは、東京・恵比寿にある「ポピンズアクティブラーニングインターナショナルスクール」(Poppins Active Learning International School、以下「PALIS」)。

JR「恵比寿駅」から徒歩6分、「恵比寿ガーデンプレイス」のセンター広場を抜けるとPALISはあった。

 

「ウェスティンホテル」もガーデンプレイスの敷地内なのだが、そのウェスティンと道を挟んだ向かいのビル1階がPALISの入り口。

買い物や飲食エリアとは離れた、静かな環境だ。

買い物や飲食エリアとは離れた、静かな環境だ。

渋谷区と港区は英語系の習いごとやスクールが多いイメージだったが、駅から10分弱の距離にプリスクール数軒を発見。

本当にこのエリアは英語教育の激戦区なんだ…と実感した。

グローバル教育の拠点「PALIS」

PALISは、2004年に開園した「ポピンズインターナショナルプリスクール」(対象は0〜3才)をリニューアルし、14年に「PALIS」としてオープン。

対象は11ヵ月から就学前(5才)の子どもたちだが、現在は開園2年の移行期なので3才児までが在籍している。定員は70名だが、先生たちとのバランスを重視してクラス編成しているそうだ。

運営やアドミッションは日本人スタッフ、各クラスでの指導は海外大学で教育学を学んだオーストラリア人やアメリカ人の先生たちが担当している。

ポピンズでは、「教育(エデュケーション)+保育(ケア)」を一体として提供する「エデュケア」を特色としているが、全国158ヵ所に展開するポピンズナーサリーはこの理念のもと運営されている。

PALISでは、さらに英語による「アクティブラーニング」(主体的な学び)を実践しており、グローバル教育の拠点となる園としてプログラムを提供。

なお、ポピンズのアクティブラーニングスクールは、六本木の「東京ミッドタウン」にも1園あるが、こちらは日本語を中心としたプログラムとなる。

ポピンズは、乳幼児教育の専門職養成機関として知られる英国「ノーランド・カレッジ Norland College」と提携しており、 イギリスの5才以下の子どものための教育指針「EYFS」(Early Years Foundation Stage)をベースに、PALIS独自のプログラムを構成しているそうだ。

恵比寿という立地なので、「日本人の割合が少ないのでは?」と想像していたが、6~7割が日本人の子どもたち。

「これまでナニー(教育ベビーシッター)でポピンズを利用していた」「保育園のイメージがいいから」という理由でPALISに入園するケースもあり、中央区や世田谷区からも通園しているケースもあるなど、ポピンズに対する思い入れが感じられる。

専門家によるプログラム

園舎は2フロアで、ビルの1階と2階が内部に設置された階段で行き来できるようになっていた。

階段には、子どもたちのカラフルな作品がずらっと並べられている。

階段には、子どもたちのカラフルな作品がずらっと並べられている。

1階には0・1才児、2階には2・3才児のための教室がある。

午前中のプログラムは2コマあり(10時〜11時30分)、1コマは散歩や外遊びなど屋外活動を行う「ディスカバリー・アウトドア・タイム」、もうひとコマは「スペシャリストプログラム」と呼ばれる各分野を専門とする講師による日替わりプログラム。

15時30分〜17時もスペシャリストプログラム(もしくはアフタースクール)となっているため、ヨガやアート、英語、ダンス、音楽、日本語、体操とさまざまなプログラムを受講できる(受講料は保育料に含まれる)。

アクティブラーニングを見学▶

1

2 3
 

関連記事

  1. 【7月30日〜9月1日】2013年「ICC」キッズプログラムは「もの みる うごく AR美術館」

  2. 【リトルビッツ】15万種類の回路が組める…超手軽に電子工作が楽しめちゃう知育電子ブロック

  3. 【Kids Creator’s Studio】100時間かけてデジタルモノづくりを学ぶ…奨学生3名募集 8/21〆

  4. 【学びシェア02】「p.school」入門編を小学生の親子が受講してみた(滋賀県、rosaさん)

  5. 【パセラ】東京・神奈川・大阪の「パセラこども食堂」で100円カレーを提供<休校支援>

  6. 【東京ウエストインターナショナルスクール】小学部と幼稚部の2014年4月入学生を募集

  7. 【2014〜20年】日本のグローバル教育関連スケジュール

  8. 【みんなのエイゴ04】2才からバイリンガル幼稚園+プリスクール、小1で英検2級取得(A.I.さん)

  9. 【早稲田大学】今年は27教室を開講…小中学生対象夏の科学教室「ユニラブ2019」7/15締切

グローバルエデュのプラン
7,575Fans
3,024Followers
125Followers

may, 2022

20mayallday【締切】ブラウン大学 Summer@Brown 2022https://precollege.jp/event/summerbrown2022

20mayallday【〆切】「埼玉発世界行き」2022年度奨学生

21mayallday6つの教育機関が集結!「サマープログラム2022合同説明会」

27mayallday【締切】東京都「次世代リーダー育成道場2022」https://precollege.jp/event/tokyo_globalleader2022

29mayallday【〆切】DECA JAPAN「起業力塾2022夏」

29mayallday【〆切】TOPPA CAMP

31mayallday【〆切】高校生科学教育大賞

31mayallday【〆切】SENPAIプログラム2022春

31mayallday【〆切】日本生物学オリンピック2022

X