キッズ

【PIXARのひみつ展】人気アニメの制作工程が体験できる…ボストン発人気展覧会 4/13〜

人気アニメの制作工程を体験展示

六本木ヒルズ展望台「東京シティビュー」(東京・港区)は、「PIXARのひみつ展 いのちを生みだすサイエンス」を、2019年4月13日(土)~9月16日(月・祝)まで開催します。

ピクサーの作品を生みだす技法と科学に迫る展覧会として、2015年に「ボストンサイエンスミュージアム」で「The Science Behind PIXAR」と題して開催されて以来、これまでアメリカやカナダで150万人以上を動員した人気のイベント。

「トイ・ストーリー」や「モンスターズ・インク」などの人気作品のアニメ制作の裏側を、制作のカギとなる8つの工程にて紹介し、キャラクターがどのように生みだされ、作品がいかに作られていくのか、実際のアニメーションづくりを体験できるハンズオン展示となっています。

  1. Modeling/キャラクターの形をつくる…アーティストが描いたスケッチを基に、コンセプト・アートに沿ってデジタルモデラーがキャラクターのバーチャル3Dモデルをつくる
  2. Rigging/キャラクターの動きをつくる…モデリングで作られたキャラクターをリアルに動かすために仮想の骨や関節、筋肉をつくり、モデルの動きを設計
  3. Surfaces/髪や服などの外見を決める…物の見え方はストーリーそのもの。素材は何か、新品か、古びているかなどをオブジェクトの表面を加工し表現
  4. Sets & Cameras/物語の世界をつくる…セットデザイナーがバーチャルの世界を構築。そして、カメラアーティストが構成・カメラアングル・レンズタイプなどを決定し、バーチャルの世界を撮影
  5. Animation/キャラクターを動かしてみる…アニメーターがキャラクターに演技をつけ、ストーリーに命を吹き込み、アニメーターが望む感情をキャラクターに表現
  6. Simulation/キャラクターの髪や服を動かす…シミュレーションプログラマーにより、キャラクターの髪の毛や衣服を本物のように動かす設定
  7. Lighting/昼や夜などの明かりを調節する…照明デザイナーが照明効果でシーンに強弱をつけ、ストーリーの感情を引き出します。観客の視線を誘導し、情感あふれるシーンをつくり上げる
  8. Rendering/映画館などで楽しめる状態にする…すべての制作工程を最終的な2Dイメージへと仕上げ、アニメーションを作り上げる

ピクサーは興味あるけど混雑しているのはイヤ…という人は、5月18日(土)、6月22日(土)、7月21日(日)、9月7日(土)は、通常の開館時間より1時間早い9時から開場することも可能です(事前応募制、各日100名限定)。

また、5月3日(金・祝)~6日(月・休)の4日間は、中学生以下の子どもは「PIXARのひみつ展」のほか、52階屋内展望台、屋上スカイデッキ、森美術館にも無料で入館できますよ!

PIXARのひみつ展


【PIXARのひみつ展 いのちを生みだすサイエンス】

  • 主催:東京シティビュー、NHKプロモーション
  • 日程:2019年4月13日(土)~9月16日(月・祝)10時~22時 ※会期中無休
  • 会場:六本木ヒルズ展望台「東京シティビュー」(六本木ヒルズ森タワー52階)
  • 入場料:一般/1800円、高校生・大学生/1200円、4才~中学生/600円、65才以上/1500円

最新情報をFacebookにて
いちはやくお届け!

Globaledu on Weekends

Globaleduで紹介した記事を、その週末の土曜朝にメールマガジンにまとめてお届けします。家族が集まる週末は、未来の学びについて考えるチャンス。プランニングのヒントとして活用してくださいね!

Thank you for subscribing.

Something went wrong.

Tags
Close
X