中学・高校

【プラン・インターナショナル】途上国のジェンダーや女子教育問題について学ぶ3つの教材提供

自分ごととしてジェンダー問題を考える

「国際NGOプラン・インターナショナル」(東京・世田谷区)は、途上国のジェンダーや女子教育の問題について学ぶ教材「プラン・フレンズ開発教育教材」を、2020年7月22日(水)より無料での提供を開始しました。

この教材は、プラン・インターナショナルの開発教育ボランティア「プラン・フレンズ」による、途上国のジェンダーや女子教育問題などを自分ごと化しながら学べる、参加体験型教材。対象は、小学校高学年以上。

今回提供されるのは、下記の3つの教材。

  • ワーク1「私が世界の大統領になったら」…途上国の子どもたちの絵とエッセイからその国の抱えている課題を知り、大統領選挙での演説を通してその解決策について学ぶ
  • ワーク2「考えてみよう!支援で変わる女の子の未来」…女の子が教育を受けた場合、受けていない場合のふたつの人生を比較して教育の重要性を理解するとともに、実際にプランで行っている女の子や女性への支援プログラムについて学ぶ
  • ワーク3「途上国に学校を建てよう!」…ゲームを通じて、途上国の山奥の村に学校を建設する際の課題や必要な支援、さまざまなアクターの役割などについて学び、プロジェクトが実現していくプロセスを体験
「考えてみよう!支援で変わる女の子の未来」で使用するカード。これらの教材では、途上国の貧困問題の解決のキーパーソンとなるのは「実は女の子や女性である」ということが学べる

女の子が教育を受けた場合と受けていない場合の人生を比較したり、途上国で学校を建設する際に必要な支援や役割についてカードを用いて学びながら、「女の子や女性への教育が途上国にとっていい影響をもたらす」ことへの理解につながっていきます。

「途上国に学校を建てよう!」で使用するカード

ワークの進め方に加え、ワークの背景にある途上国の問題に関する詳しい解説も載っているので、国際理解教育の教材としても活用したいですね。

教材は、「国際NGOプラン・インターナショナル」公式サイトよりダウンロードできます。


【プラン・フレンズ開発教育教材】

  • 提供元:国際NGOプラン・インターナショナル
  • 提供開始:2020年7月22日(水)
  • 対象:小学校高学年以上
  • 利用:無料

最新情報をFacebookにて
いちはやくお届け!

Globaledu on Weekends

Globaleduで紹介した記事を、週末にメールマガジンにまとめてお届けします。家族が集まる週末は、未来の学びについて考えるチャンス。プランニングのヒントとして活用してくださいね!

Thank you for subscribing.

Something went wrong.

Tags
Close
X