【カルビーポテト】ポテトチップスに最適な種芋を自宅で手軽に育てられるエコな栽培キットが登場

海外大学進学セミナー

ポテトチップス専用のイモを育ててみよう

定番おやつといえばポテトチップスですが、「原料のじゃがいもはどんなふうに育つの?」という疑問に答える栽培キットが登場しました。

「カルビーポテト株式会社」(北海道帯広市)と「株式会社プロトリーフ」(東京・港区)は、カルビーポテトの栽培用種芋「ぽろしり」と、袋で育てるじゃがいもの土「ポテトバッグ」を、2021年12月15日(水)より発売開始しました。

カルビーポテトは、カルビーの原料部門が分離独立して設立。じゃがいもなどの農作物の購入・貯蔵・物流・販売や農産加工品の商品販売、製造販売を行っている。プロトリーフは、園芸用土を全国で販売し、日本でトップクラスのシェアを誇る企業

「ぽろしり」は、カルビーポテトが10年以上かけて開発したオリジナル品種で、一般にスーパーなどで売られている男爵やメークインは、貯蔵すると糖分が増えて甘みが増しますが、ポテトチップスにすると、糖分が高いため油で揚げたときに焦げて味が落ち、見た目も悪くなってしまうため、ぽろしりは糖分の低いじゃがいもとして開発されました。

病気に強く、長期間貯蔵しても品質が変わらないという特徴もあるぽろしりの種芋を、そのまま植えつけるのに適したSSサイズ2個セットで販売。

同時に発売される「ポテトバッグ」は、カルビーポテトとプロトリーフが共同開発した商品で、初期生育に必要な元肥がすでに配合されており、ぽろしりをそのまま植えて水やりをするだけで、初心者でも簡単にじゃがいも栽培がスタートできます。

培養土には軽くて持ち運びのしやすいココヤシピートやハスクチップなどが採用され、100パーセント植物原料由来のため栽培後の土は燃えるゴミとして廃棄することができるそうです。

プロトリーフのYouTubeチャンネルからは、栽培のポイントや収穫後のポテトチップスのつくり方などのコンテンツが配信予定で、育て方に不安がある人でもチャレンジできますね。

詳細は、「カルビーポテト」公式サイトから確認を。


【栽培用種芋「ぽろしり」】

  • 発売日:2021年12月15日(水)
  • 内容量:SSサイズ2個
  • 価格:オープン(想定価格:税込250円前後)
  • 販売エリア:九州エリアのホームセンター、園芸店から順次展開 ※エリア別の展開スケジュールについては、プロトリーフのホームページで更新予定

【袋で育てるじゃがいもの土「ポテトバッグ」】

  • 発売日:2021年12月15日(水)
  • 内容量:12リットル
  • 価格:オープン(想定価格:税込1000円前後)
  • 販売エリア:九州エリアのホームセンター、園芸店から順次展開 ※エリア別の展開スケジュールについては、プロトリーフのホームページで更新予定

ロジカルライティング講座

7,575Fans
3,471Followers
125Followers
  1. 【帝京大学可児高校】国際バカロレアで成功するコツ、海外大学への…

  2. 【冬休み★4夜オンラインセミナー】米国・EU・アジア・オセアニア11…

  3. 【英検2023】従来型英検の本会場実施日程は、①6月4日、②10月8日、③1…

  4. 【フィエスタ・デ・エスパーニャ2022】2年ぶりに開催…日本最大のス…

  5. 【東京工業大学】総合型・学校推薦型選抜で「女子枠」導入…2024年は…

  1. グローバルリーダー養成プログラム「TOPPA!!」

  2. 国際高等専門学校(International College of Technology)

  3. ブリティッシュ・カウンシル英会話スクール

  4. 成長のチャンスに満ちた国際学生寮「U Share西早稲田」

  5. アゴス・ジャパン(海外大学専門予備校)

december, 2022

11decallday【締切】TOPPA!「グローバル・インパクトコース」

18decallday【〆切】山田進太郎D&I財団「STEM(理系)女子奨学助成金」②

X