【子ども教育立国】教育学者・佐藤学氏×鈴木大裕氏と考える日米「公教育」の現在と未来 4/15

揺らぎの中にある「公教育」を問う

「子ども教育立国プラットフォーム」(東京・中央区)は、公開講義「教育から『公-public・共-community』の未来を展望する 日本・アメリカの公教育と我々の未来は何処に向かうのか?」を、2018年4月15日(日)に開催します。

日本の公教育の現場を見つめ続けてきた、学習院大学文学部教授および東京大学名誉教授・佐藤学氏と、新進気鋭の教育学者・鈴木大裕氏との対談から、昨今注目を集める「公教育」の行方を、日本とアメリカの現状から未来を問い直すイベントです。

1990年代から、保護者・教師・地域団体などが公費で自主運営する公立学校「チャータースクール」など、公教育の新しいあり方が模索・実践されてきたアメリカでは、現在、公教育のあり方や意義そのものが変容し、アメリカの「公」は大きな揺らぎのなかにあるそうです。

また、教育改革が進められている日本でも、アメリカが辿った同じ道に歩みを進めているかのようにも見えるという観点から、日本とアメリカの公教育を通して「公」と「共」についての展望を考えていきます。

イベントの詳細や申し込み方法については、「子ども教育立国プラットフォーム」公式サイトで確認を。

​鈴木大裕氏の著書「崩壊するアメリカの公教育――日本への警告」

​佐藤学氏の著書「学び合う教室・育ち合う学校:〜学びの共同体の改革〜」


【日本・アメリカの公教育と我々の未来は何処に向かうのか?】

  • 主催:NPO法人子ども教育立国プラットフォーム
  • 日時:2018年4月15日(日)13時40分〜16時40分
  • 会場:国立新美術館講堂(東京都港区六本木7丁目22-2)
  • 定員:150名
  • 参加費:3000円
 

関連記事

  1. 【ネイティブキャンプ】英語教員100名に2019年度いっぱい英会話レッスンを先着で無償提供

  2. 【世界一大きな授業2017】待機児童・貧困問題も課題に…世界の教育を考える授業1000名募集

  3. 【Japan Tour Guide】外国人観光客とボランティア日本人ガイドを橋渡しする新サービス開始

  4. 【宮城県】2時間で理解する「国際バカロレア教育についての勉強会」参加者600名募集 11/4

  5. 【フルブライト・ジャパン】日米教員がハワイで「宇宙と地球」を題材に授業開発15名4/20〆

  6. 【世界野生生物の日】日本は最大の象牙消費国…私は象牙を選ばない「#REDonNOSE運動」

  7. 【スウェーデン大使館】ホッと暖かくなる「スウェディッシュクリスマスバザー2018」12/2

  8. 【英会話漬けシェアハウス】50名待ちの東京につづき、14年11月に福岡市にも30室オープン

  9. 【3月7日】真のグローバル教育とは?…「オックスブリッジの流儀」特別企画参加者50名募集

グローバルエデュのプラン
7,495Fans
2,425Followers
40Followers

july, 2021

26may(may 26)04:3213aug(aug 13)04:32タフツ大学「Tufts Pre-College Programs Summer 2021」

19junallday06augハーバード大学「高校生サマースクール2021」

28jun(jun 28)06:0430jul(jul 30)06:04「フィリップス・アカデミー2021 summer」オンライン

24julallday【〆切】ブラウン大生から学ぶ「日本お宝探し選手権2021夏」

25julallday美トレ2021

28julallday【〆切】ブリティッシュ・カウンシル高校生夏講座②

28julallday【〆切】ブリティッシュ・カウンシル小中学生夏講座②

30jul06:1606:16【〆切】ワールド・ビジョン・サマースクール2021

31julallday【終了】「自分ごと化プロジェクト」クラウドファンディング

31julallday【〆切】KOTOWARI会津サマースクール

31julallday【〆切】Z会奨学金2022

X