【子ども教育立国】教育学者・佐藤学氏×鈴木大裕氏と考える日米「公教育」の現在と未来 4/15

揺らぎの中にある「公教育」を問う

「子ども教育立国プラットフォーム」(東京・中央区)は、公開講義「教育から『公-public・共-community』の未来を展望する 日本・アメリカの公教育と我々の未来は何処に向かうのか?」を、2018年4月15日(日)に開催します。

日本の公教育の現場を見つめ続けてきた、学習院大学文学部教授および東京大学名誉教授・佐藤学氏と、新進気鋭の教育学者・鈴木大裕氏との対談から、昨今注目を集める「公教育」の行方を、日本とアメリカの現状から未来を問い直すイベントです。

1990年代から、保護者・教師・地域団体などが公費で自主運営する公立学校「チャータースクール」など、公教育の新しいあり方が模索・実践されてきたアメリカでは、現在、公教育のあり方や意義そのものが変容し、アメリカの「公」は大きな揺らぎのなかにあるそうです。

また、教育改革が進められている日本でも、アメリカが辿った同じ道に歩みを進めているかのようにも見えるという観点から、日本とアメリカの公教育を通して「公」と「共」についての展望を考えていきます。

イベントの詳細や申し込み方法については、「子ども教育立国プラットフォーム」公式サイトで確認を。

​鈴木大裕氏の著書「崩壊するアメリカの公教育――日本への警告」

​佐藤学氏の著書「学び合う教室・育ち合う学校:〜学びの共同体の改革〜」


【日本・アメリカの公教育と我々の未来は何処に向かうのか?】

  • 主催:NPO法人子ども教育立国プラットフォーム
  • 日時:2018年4月15日(日)13時40分〜16時40分
  • 会場:国立新美術館講堂(東京都港区六本木7丁目22-2)
  • 定員:150名
  • 参加費:3000円
 

関連記事

  1. 【女子高校生未来会議2018】社会で活躍する先輩と日本の未来を語り合う100名募集 3/25〆

  2. 【椿山荘東京】リオに行けなくても、家族でオリンピックに浸れる21時間滞在プランは超魅力的

  3. 【2月28日〆切】「国際森林デー2015」駐日大使館関係者など200名&一般公募で300名募集

  4. 【9月8日】科学の楽しさを気軽に体験できる小金井市主催「青少年のための科学の祭典」開催

  5. 【U-22プログラミングコンテスト2017】小学生部門新設…この夏はプログラミングに挑戦 8/24〆

  6. 【トマティス】3ヵ月でTOEIC350点アップも…「発音を改善できる“耳”」が手に入る究極の英語学習メソッド

  7. 【オーストラリア留学フェア2016】小中高・大学・語学学校まで60もの教育機関が集結10/8

  8. 【ドイツ大使館】秋の青山公園でフードと文化を満喫する「ドイツフェスティバル2017」11/2-5

  9. 【伝統芸能伝承者養成】中卒以上対象…歌舞伎俳優・音楽、能楽は経験不問で受講無料 1/31〆

グローバルエデュのプラン
7,495Fans
2,549Followers
40Followers

october, 2021

29sepallday31oct【〆切】国連WFP「ゼロハンガーチャレンジ」

05octallday05novおにぎりアクション2021

31oct07:4107:41【〆切】コカ・コーラ奨学生2022

X