イベント

【東京藝術大学】美術教育の流れを体感「全国美術教育リサーチプロジェクト2018」10/2-21

日本の美術教育を俯瞰するイベント

「東京藝術大学」美術学部(東京・台東区)は、幼稚園から大学まで美術教育の流れを体感する展覧会「全国美術・教育リサーチプロジェクト2018 ー美術の授業ってなんだろう?」を、2018年10月2日(火)~21日(日)に渡り開催します。

幼稚園から現役大学生までどのような「美術の授業」が行われているのか? 本イベントでは、多様な感性を育む「美術」においてその「授業」の具体的な内容をリサーチすることで、美術・芸術について教育現場の理解を深め、美術界全体の活性化につなげることを目標に開催されます。

美術教育の持つ可能性をシェアしよう

会場は、「東京藝術大学大学」美術館本館3階となり、下記のようなリサーチ内容を一望できる機会となっています。

  • 全国の特別支援学校を含めた幼稚園から大学までの特色ある授業を作品・パネル・動画等で紹介
  • 特別支援学校を対象とした、三菱地所「キラキラっとアートプロジェクト」の授業ドキュメント映像を紹介
  • 上野文化の杜のアートプログラム「スタチュー写生大会」の様子を作品と動画で紹介
  • 東京藝術大学美術学部の各学科授業を作品・パネル・動画等で紹介

2018年度からは、芸術教科の所管が文部科学省から文化庁へ移管され、「学校教育における人材育成からトップレベルの芸術家の育成まで一体的な施策」が求められているそうです。

このプロジェクトを通じて、日本の「美術・教育」の可能性を広く考えていくために、全国のアーティストや教育関係者等とつながり、問題意識を共有し議論を高めるきっかけにしてみてはいかがでしょうか。

関連イベントとして、10月2日(火)にシンポジウム「日本・美術・教育ー芸術系大学の美術・教育はどこへ向かうのか?」、10月7日(日)にラウンドテーブル(美術の先生たちによるディスカッション)「美術による教科教育と美術の専門教育を考える」も開催。より理解を深めたい人は、ぜひ参加したいですね。

詳しくは、「全国美術・教育リサーチプロジェクト2018」公式サイトで確認を。


【全国美術・教育リサーチプロジェクト2018「美術の授業ってなんだろう?」】

  • 主催:東京藝術大学美術学部
  • 日程:2018年10月2日(火)~21日(日)10時〜17時 ※月曜日は休館、ただし10月8日(月・祝)は開館し、10月9日(火)は閉館
  • 会場:「東京藝術大学大学」美術館本館3階(東京都台東区上野公園12-8)
  • 参加:無料

最新情報をFacebookにて
いちはやくお届け!

Globaledu on Weekends

Globaleduで紹介した記事を、週末にメールマガジンにまとめてお届けします。家族が集まる週末は、未来の学びについて考えるチャンス。プランニングのヒントとして活用してくださいね!

Thank you for subscribing.

Something went wrong.

Tags
Close
X