【Rewrites】「書き直す」を繰り返して学ぶ…小中高生を対象としたライティング添削サイト

海外大学進学セミナー

「ライティング力」をつけるには?

英語の「読む」「聞く」「書く」「話す」の4技能のうち、もっとも勉強するのがムズカシイのは「書く」(Writing)スキルではないでしょうか。

とくに英語でエッセイを書く場合、論旨や構成を考え、それを英文に落とし込んでいく作業は、慣れないうちは頭を抱え込んでしまいますよね。

そのうえ、日本ではエッセイ指導をしてくれる先生や環境を見つけることすらムズカシイ…

そんな状況のなか、小中高生を対象とした新しいライティング添削サービス「Rewrites(リライツ)」が2015年1月にスタートしたので、その概要を紹介したいと思います。

小中高生を対象とするバイリンガル英語塾「キャタル」(東京・渋谷区)が運営するサービスで、02年の開塾より13年間にわたり培ったライティング添削のノウハウに加え、日米で教えてきた講師がカリキュラムを作成しているのだそう。

小中高生を対象とするバイリンガル英語塾「キャタル」(東京・渋谷区)が運営するサービスで、02年の開塾より13年間にわたり培ったライティング添削のノウハウに加え、日米で教えてきた講師がカリキュラムを作成しているのだそう。

【関連記事】小5で英検1級合格も…英語塾「キャタル」無料体験教室開催

「Rewrites」では、ライティングをする「場」と、「書く→フィードバック→書き直す」のサイクルを回す「学習システム」、そして体系だった書き方を学べる「カリキュラム」の3つを提供。

もっとも基礎的な自己紹介からはじめ、課題をこなして進めていくうちにムリなくライティング力が上がる内容となっているそう。

的確なフィードバックも重要

プランは、下記の3タイプ。

  • 無料プラン…無制限のライティング、レッスンビデオの閲覧
  • スタンダードプラン(月額6400円)…無制限のライティング、レッスンビデオの閲覧、先生から月4回のフィードバック
  • プロプラン(会費未定)…無制限のライティング、レッスンビデオの閲覧、8回のフィードバック

ライティング(要会員登録)とレッスンビデオの閲覧は無料。

有料会員になると、先生からのフィードバックで「間違った単語や文法の添削」、「5つの評価軸による採点」、「ライティングの改善案を含んだメッセージ」を受け取ることができるそう。

先生は海外一流大学出身者を採用していることから、質の高いフィードバックが可能。また、TOEFLの採点基準を徹底的に研究し独自の採点基準を開発したことから、受講生のアウトプットの成果も的確に測定可能とのことですよ。

ライティングを学びたい人は、「Rewrites」をのぞいてみては?


【Rewrites】

  • 運営:キャタル
  • サービス開始:2015年1月
  • 対象:小中高校生
  • 料金:無料プラン/無料、スタンダードプラン/月額6400円、プロプラン/未定

ロジカルライティング講座

7,575Fans
3,471Followers
125Followers
  1. 【帝京大学可児高校】国際バカロレアで成功するコツ、海外大学への…

  2. 【冬休み★4夜オンラインセミナー】米国・EU・アジア・オセアニア11…

  3. 【英検2023】従来型英検の本会場実施日程は、①6月4日、②10月8日、③1…

  4. 【フィエスタ・デ・エスパーニャ2022】2年ぶりに開催…日本最大のス…

  5. 【東京工業大学】総合型・学校推薦型選抜で「女子枠」導入…2024年は…

  1. ワールド・アローズ・インターナショナルスクール World Arrows Int…

  2. アントレ&リーダシップ教育「DECA JAPAN」

  3. 成長のチャンスに満ちた国際学生寮「U Share西早稲田」

  4. グローバルリーダー養成プログラム「TOPPA!!」

  5. 国際高等専門学校(International College of Technology)

december, 2022

11decallday【締切】TOPPA!「グローバル・インパクトコース」

18decallday【〆切】山田進太郎D&I財団「STEM(理系)女子奨学助成金」②

X