大学

【立教大学】2021年度より一般入試に英語4技能テスト全面導入&25年度までに英語教育刷新

英語に秀でた学生の入学を促進

「立教大学」(東京・豊島区)は、2021年度入試より一般入試において英語4技能テストを全面的に導入していくことを、2019年7月6日(土)に公表しました。

「21世紀の社会をリードするグローバルリーダーの育成」を目標に掲げている立教大学は、英語4技能に秀でた学生の入学を促進していくために、英語4技能テストをすべての入試方式において活用することを決定。

また、一般入試における受験機会を拡大し、これまで同一学科の受験機会は最大2回(全学部日程、個別学部日程の各1回)でしたが、2021年度以降は最大5回まで(文学部は6回、理学部は2回)受験できるようになります。

なお、立教大学が採用する英語4技能テストは、「ケンブリッジ英語検定」「英検」「GTEC」「IELTS」「TEAP」「TEAP CBT」「TOEFL iBT」で、一般入試の実施月からさかのぼって2年以内に取得したスコアのほか、大学入試英語成績提供システムを経由して提供されるスコアも利用可能とする予定です。

【関連記事】「大学入試英語成績提供システム」の流れをチェック

おもな変更点は下記の通り。

  • 現行1試験日の全学部日程を5試験日に拡大。試験日が異なれば複数日の併願が可能
  • 英語4技能テストのスコアを得点化し、立教大学で受験する他の2科目の得点と合計した3科目の総点で合否を判定
  • 文学部は、上記方式に加え、独自の英語試験と国語、選択科目の3科目による試験日を設ける
新しい一般入試制度の対象学部と実施科目(予定)

「共通テスト利用入試」もチェック

「大学入学共通テスト利用入試」では、大学入学共通テストの成績のみで合否を判定。現行の大学入試センター試験利用入試と同様、3科目型/6科目型(ドイツ文学専修:3科目型/4科目型、理学部:4科目型/6科目型)で実施されます。

また、英語4技能テストのスコアを提出した場合は、現行の大学入試センター試験利用入試と同様「英語外部試験利用制度」を利用でき、大学入学共通テストの英語(Reading, Listening)得点もしくは英語4技能テストの換算得点のいずれか高得点を合否判定に採用。

さらに、国語と数学の記述式問題の成績を活用し、段階別評価となる国語の成績は得点化して利用するそうです。

なお、学力の3要素のうち「主体性を持って多様な人々と協働して学ぶ態度」については、WEB出願時に入学志願者が自身の活動や経験から身につけた主体性・多様性・協働性を論じる文章を記入することになるそうです(合否判定には使用しない)。

2025年度までに英語教育も刷新

また、立教大学は、2020年度秋学期より学部1年次生全員(2019年度入学定員4604名)を対象に、英語必修カリキュラムのひとつとして「英語ディベート科目」を導入し、2025年度には全学共通の英語教育カリキュラムを刷新する予定です。

新・英語教育カリキュラムは、各学部の専門領域に関する内容を緩やかに取り込む構成となっており、1年次の必修科目から可能な範囲で専門領域に近いテーマを扱い始め、2年次以降の自由科目でCLIL(内容言語統合型学習)科目を展開し、各学部の英語による専門科目への橋渡しを実現していきます。

立教大学では、2010年度より「英語ディスカッション科目」を通年の必修科目として全学展開してきましたが、1クラス20名規模の少人数で展開する「英語ディベート科目」を導入することで、批判的かつ論理的に考える力、他者と建設的に議論する力、合理的な意思決定をする力などのスキル習得を目指していくそうです。

立教大学公式サイト


【「立教大学」一般入試改革2021】

  • 時期:2021年度入試より
  • 採用する英語4技能テスト:ケンブリッジ英語検定、英検、GTEC、IELTS、TEAP、TEAP CBT、TOEFL iBT
  • 導入する入試:すべての一般入試
  • 受験回数:同一学科の受験機会は最大5回に拡大

最新情報をFacebookにて
いちはやくお届け!

Globaledu on Weekends

Globaleduで紹介した記事を、その週末の土曜朝にメールマガジンにまとめてお届けします。家族が集まる週末は、未来の学びについて考えるチャンス。プランニングのヒントとして活用してくださいね!

Thank you for subscribing.

Something went wrong.

Tags
Close
X