大学

【立教大学】10年後にはアジアを代表する大学へ…国際化を加速する「Rikkyo Global 24」

全学で全力で取り組む国際化

「立教大学」(東京・豊島区)は、国際化戦略「Rikkyo Global 24」を策定し、10年後の2024年(創立150周年)までに、世界水準の大学を目指すことを表明しました。

rikkyo global24-2

目標は、「アジアを代表し、世界で際立つ大学」となること。

リベラルアーツを標榜する大学として、世界水準のカリキュラムと教育・研究環境を用意し、世界に通用する学位を授与。また、世界から人材が集まる場となり、世界に教育・研究の成果を発信し、人材を送り出していきたいとしています。

5月に公募が締め切られ、現在審査段階にある「スーパーグローバル大学」でも、立教大学は「グローバルリベラルアーツ×リーダーシップ教育×自己変革力 —世界で際立つ大学への改革—」という構想名で名乗りをあげています。

【関連記事】「スーパーグローバル大学」30校に112大学が応募

具体的な目標は、下記の4点。

  • 海外への学生派遣の拡大…学生の海外経験率を5年後50パーセント、10年後100パーセントに
  • 外国人留学生の受け入れ拡大…留学生数を5年後1000人、10年後2000人に
  • 教育・研究環境の整備…海外協定大学数を5年後150大学、10年後200大学に
  • 国際化推進ガバナンスの強化…外国人教員比率を10年後20パーセントに

これらの目標を達成するために、各6項目計24項目の取り組みをまとめたのが「Rikkyo Global 24」です。

取り組みのなかには、10年後は全員がTOEIC600点以上を取得、英語による学位授与コースを開設、海外3拠点(ソウル、ロンドン、ニューヨーク)の設置、IBと連携した入試改革なども掲げています。
10年後は全員がTOEIC600点以上を取得、英語による学位授与コースを開設、海外3拠点(ソウル、ロンドン、ニューヨーク)の設置、IBと連携した入試改革などの取り組みを掲げています。

10年後の立教では、学生全員が海外での学修を体験し、学生の1割にあたる2000名の留学生がキャンパスを闊歩する…これは大きな変革の10年となりそうです。

16年度には4学期制も導入

また、立教では16年度から全学部で4学期制を導入することも決定しました。

【関連記事】国際標準に合わせ競争力を高める「4学期制」

国際化を推進するための環境整備の柱となるもので、まずは15年度から経営学部など2学部で試行し、16年度より全10学部で実施。

新しい学事日程のイメージとして立教のサイトに掲載されている画像。現在の春(S)と秋(F)の2学期を土台に四半期科目を導入し、S1、S2、F1、F2の4学期制での授業を可能とします。なお、2学期制と4学期制は並行的に運用。
現在の春(S)と秋(F)の2学期を土台に四半期科目を導入し、S1、S2、F1、F2の4学期制での授業を可能とします。なお、2学期制と4学期制は並行的に運用(画像は立教の公式サイトに掲載されているもの)。

4学期制に移行することで、学生が海外に留学しやすくなり、学期制の異なる海外からも留学生や教員をスムーズに受け入れられるメリットがあります。


【Rikkyo Global 24】

  • 立教大学:東京都豊島区西池袋3-34-1
  • 目標達成年度:2024年
  • 対象:全10学部

最新情報をFacebookにて
いちはやくお届け!


Globaledu on Weekends

Globaleduで紹介した記事を、その週末の土曜朝にメールマガジンにまとめてお届けします。家族が集まる週末は、未来の学びについて考えるチャンス。プランニングのヒントとして活用してくださいね!

Thank you for subscribing.

Something went wrong.

Tags
Close
X