高校

【スーパーグローバルハイスクール】SGH各校の活動内容や最新情報を入手できる公式サイト開設

SGHの取り組みを一般公開

2014年4月より、文科省により指定された56校で取り組みが行われている「スーパーグローバルハイスクール」(SGH)。

全国246校より応募があり、SGH56校のほか、「SGHアソシエイト」54校も選定され、計110校で「SGHコミュニティ」が結成されました。

【関連記事】246校から選出されたSGH56校、SGHアソシエイツ54校

SGHでは、それぞれの学校が目指すグローバル人物像を設定し、大学や企業、国際機関などと連携して、グローバルな社会問題などをテーマとした学習に取り組んでいます。

【関連記事】SGH56校が取り組む「研究開発」内容や目標設定とは?

SGHの活動は、14年度から19年度までの5年間となっているので、これから受験を控えた小中学生ファミリーにとっても、地域のSGHがどのような活動を行っているか、関心がありますよね。

そんな受験生や保護者にSGHの活動を紹介する公式サイト「スーパーグローバルハイスクール」が、9月1日にオープンしました。

SGH

SGH幹事校である「筑波大学附属高等学校」(東京)が開設したもので、このサイトでは、SGHの活動を紹介している「一般公開ページ」と、SGHコミュニティ各校が情報共有を計るための「指定校アソシエイトSNS」(会員制)で構成されています。

一般公開ページでは、SGHとSGHアソシエイト校がリスト化され、研究活動の詳細や各校HPへのリンクのほか、取り組み内容やキーワードで各校を検索できる機能もあります。

まだまだ情報は少ないですが、今後はイベントのお知らせや活動情報など最新情報をまとめて紹介していく予定とのことなので、コンテンツの充実に期待したいですね。


【「スーパーグローバルハイスクール」公式サイト】

  • 運営:筑波大学附属高等学校(SGH幹事校)
  • 開設:2014年9月1日

最新情報をFacebookにて
いちはやくお届け!


Globaledu on Weekends

Globaleduで紹介した記事を、その週末の土曜朝にメールマガジンにまとめてお届けします。家族が集まる週末は、未来の学びについて考えるチャンス。プランニングのヒントとして活用してくださいね!

Thank you for subscribing.

Something went wrong.

Tags
Close
X