【スーパーグローバルハイスクール】4校が最高、1校は最低…15年度指定56校を中間評価

【6】現在までの進捗状況等に鑑み、今後の努力を待っても研究開発のねらいの達成は困難であり、スーパーグローバルハイスクールの趣旨及び事業目的に反し、または沿わないと思われるので、経費の大幅な減額または指定の解除が適当と判断される…1校

啓明学院中学校・高等学校

  • SGH取り組みである「学術研究」は2、3年次で1時間であり、プログラムの大部分は土曜講座や課外活動によって補われている。これらの活動のカリキュラム上の位置づけが不透明であり、年間を通じて生徒が主体的に探究を行う時間が教育課程表から読み取ることができない。生徒がどのような探究的な活動をして、ソーシャルビジネスプランを作成し、それをフィールドワークによって検証しているのか具体的な姿が見えてこないため、構想と実際に大きなずれがあることは問題である。本事業の趣旨にふさわしい新たなカリキュラムの開発が行われているとはいえず、既存のカリキュラムとの相違が不明である
  • 全学年で探究活動をしていくためには、担当教員の綿密な打ち合わせや情報共有が必要であるにも関わらず、SGHの中心となる「学術研究」担当者の打合せがどの程度、どのように行われているかが不明である。また、取り組みに関して、系列校である関西学院大学の連携に全て依存してしまっており、高校側の主体性がどのように担保されているのか十分に読み取ることができない
  • この「学術研究」によるレポートは、あらかじめ示された文献のもと分析読書を実践、発表・議論し、まとめられている。「学術研究」の取り組みにより構想の「ソーシャル・アントレプレナーシップを備えたグローバル・リーダーの育成」のための資質・能力を育成しているかどうか説明が不十分である
1 2 3 4 5 6

7

 

関連記事

  1. 【河合塾】海外一流大学を目指すグローバルエリート予備軍育成中高一貫校を2017年開校

  2. 【Intel ISEF2018】1800人が参加した世界最大高校生科学コンテストで日本の8組15名受賞

  3. 【中高生レポ20】「TOKIHA in TSUKUBA」(merushiさん、茨城県立竹園高校2年生)

  4. 【Makuake】中高生対象のクラウドファンディング「次世代起業家育成プロジェクト」スタート

  5. 【TOPPA 2021秋】ケンブリッジ大教授らから次世代リーダーの本質とスキルを学ぶ3ヵ月間中高生講座 9/1, 2〆

  6. 【Z会奨学生2021】現高3生対象…指定15国立大の学生に4年間で総額390万円を支給 7/31〆

  7. 【国際バカロレア】IB校の拡大に期待…数学と物理を追加し「日本語DP」が導入しやすい環境へ

  8. 【国際高等専門学校】理工系リベラルアーツやSTEAM教育の最前線を体感「オンライン進学説明会」 9/19

  9. 【6月9日〆切】「小松サマースクール2016」に参加する高校生60名を募集(7/28-8/2開催)

グローバルエデュのプラン
7,495Fans
2,551Followers
40Followers
  1. エリート・オープンスクール・ラーニング・リソース・センター東京…

  2. アゴス・ジャパン(海外大学専門予備校)

  3. 【高校留学奨学金】応募条件や派遣先、大学の進路まで4大プログラム…

  4. 【海外大学奨学金】金額や対象国など…5つの奨学金制度から最適なも…

  5. 孫正義育英財団支援金

  1. エリート・オープンスクール・ラーニング・リソース・センター東京…

  2. アゴス・ジャパン(海外大学専門予備校)

  3. 国際高等専門学校(International College of Technology)

  4. 国際高等学校(2022年9月開校予定)

  5. 名古屋商科大学 英語による国際経営教育課程「Global BBA」

october, 2021

29sepallday31oct【〆切】国連WFP「ゼロハンガーチャレンジ」

01octallday【〆切】立教大学「GLAP奨学金2022」

05octallday05novおにぎりアクション2021

07octallday【〆切】JASSO「海外留学支援制度(学部学位取得型)2022」

09octallday10グローバルフェスタJAPAN2021

10octallday【〆切】STEM高校生女子奨学金2022

31oct07:4107:41【〆切】コカ・コーラ奨学生2022

X