親子留学

【留学hack01】ハワイ「セントアンドリュース」サマースクール6週間③<休日&まとめ>

ryugakuhack

親子留学 DATA

  • 子供の年齢:8才2ヵ月(小学2年生)
  • 子供の英語レベル:自宅では、英語ネイティブ対象のテキストを使用して学年相応のカリキュラムを勉強。小学1年生で英検2級取得
  • 留学期間:6週間(2015年6月〜7月)
  • 留学地域:アメリカ・ハワイ州ホノルル
  • 留学にかかったコスト:航空代金/27万円(大人ひとり+子供ふたり)、サマースクール参加費/約51万円、コンドミニアム滞在費/約37万円 その他(生活費、交通費、レジャー費など)/約30万円、海外保険+健康診断代/約5万円…合計約150万円
  1. 「セントアンドリュース・プライオリースクール」①<学校選び&申し込み>
  2. 「セントアンドリュース・プライオリースクール」②<授業&アクティビティ>
  3. 「セントアンドリュース・プライオリースクール」③<その他の学び&まとめ>◀

図書館は娘たちのパラダイス

休日は、娘たちを連れていろいろなところに出かけました。

ハワイに到着し、まずは学校がスタートする前に図書館へ。

娘たちは読書が大好きなので、たくさんの英語の絵本やチャプターブックが読めることに大喜びです。

st andrews2-4

st andrews2-8

学校の近くにある「ハワイ州立図書館 Hawaii State Public Library System」(478 S King St Honolulu, HI 96813)の子供用図書のコーナーはとても広く、土曜日には読み聞かせや、小さい子向けのクラフトなどのイベントも行なっています。

st andrews2-5

 

本を借りるには、ビジター用のライブラリーカードの申請が必要(3ヵ月で10ドル)。

ハワイでの滞在先の所が記載されている書類などと、日本の住所が載っている書類(できれば英語で記載されていたほうがめんどうでない)を持参し、申請用紙を提出するとその場で発行してくれます。

大人向けの日本の本籍コーナーもあり、1ドルで2週間DVDを借りることもできます。

また、サマーリーディングプログラムを行なっていたので、こちらも登録。読んだ本のタイトルを所定の用紙に記入して週ごとに図書館に持っていくと、ちょっとしたプレゼントがもらえます。

st andrews2-3

マクドナルドのソフトクリーム無料券などもあり、子供たちは毎週借りてきた本を読んでは、せっせと記入していました。

リーディングプログラムでもらったプレゼント。
リーディングプログラムに参加してもらったプレゼント。

ほかにも、「アラモアナ・ショッピングセンター」内にある書店「バーンズ&ノーブル」でも、子供のサマーリーディングプログラムを行なっていました。

用紙を公式サイトからダウンロードし、読んだ本8冊のタイトル、オススメする年齢や理由を書いてレジに持っていくと、何冊か用意してあった本から無料で1冊もらえました。

st andrews2-1

このようなプログラムは、本好きにはもちろん、本を好きになるきっかけとしてもすばらしいですよね。

美術館や博物館にも行ってみた▶

最新情報をFacebookにて
いちはやくお届け!


Globaledu on Weekends

Globaleduで紹介した記事を、その週末の土曜朝にメールマガジンにまとめてお届けします。家族が集まる週末は、未来の学びについて考えるチャンス。プランニングのヒントとして活用してくださいね!

Thank you for subscribing.

Something went wrong.

1 2 3次ページへ
Tags
Close
X