STEM教育キッズ

【STEM101】プログラミング的思考を育成…ソニーの最新算数学習サービスが9月に提供を開始

中国で50万人が登録する算数学習サービス

「ソニー・グローバルエデュケーション」(東京・品川区)は、プログラミング的思考を育成する算数学習サービス「STEM101」Thinkシリーズを開発し、2016年9月に国内法人向けに提供を開始しました。

stem3
「STEM(ステム)」とは、Science(科学)、Technology(技術)、Engineering(工学)、Mathematics(数学)の頭文字をとった数理科学教育のこと。

ソニー・グローバルエデュケーションは、2015年10月に、初等教育向けに再編成した新たなカリキュラム「STEM101」を策定。

「STEM101」は、「Think」(数理センス、論理思考、空間認識を育成する思考力プログラム)、「Make」(ロボット、プログラミング等でものづくりスキルを習得する創造力プログラム)、「Feel」(理科・科学体験や実験による発見を通して未知のものと対峙する探究力プログラム)の3つのプログラムで構成されています。

今回提供を開始した「Think」シリーズは、算数・思考力を育成するイラスト・サウンド付きのデジタル教材となり、同社が提供しているオンライン算数コンテスト「世界算数(Global Math Challenge)」の教材としても使用可能。

 【関連記事】世界50万人が参加する「世界算数」

対象学年は小学2年生から6年生を想定していますが、無学年式で取り組める教材となっており、今後は順次コースを拡充する予定とのこと。

Thinkシリーズのサンプル問題。Cコース(小学2〜4年生対象)。
Thinkシリーズのサンプル問題。Cコース(小学2〜4年生対象)。
Thinkシリーズのサンプル問題。Eコース(小学3〜5年生対象)。
Thinkシリーズのサンプル問題。Eコース(小学3〜5年生対象)。

教材は日本語に加え、英語や中国語(簡体字)でも利用可能なので、英語で算数を学習してみるのもいいですね。

なお、法人向けプランでは、クラスと生徒の情報を簡単に登録してそれぞれの子どもたちの成績が確認でき、生徒別の思考力分析機能も搭載しています。

ちなみに、2016年2月からThinkシリーズを先行導入している中国では、登録ユーザーが50万人を超えているそうです。

「世界算数」も中国からの受験者が圧倒的に多いそうなので、個人向けサービスも含めThinkシリーズがどの程度日本で定着するのか、注目したいですね。

STEM101


【「STEM101」Thinkシリーズ】

  • 運営:ソニー・グローバルエデュケーション
  • 提供開始:2016年
  • 対象:国内法人
  • 対象学年:小学2年生〜6年生

最新情報をFacebookにて
いちはやくお届け!


Globaledu on Weekends

Globaleduで紹介した記事を、その週末の土曜朝にメールマガジンにまとめてお届けします。家族が集まる週末は、未来の学びについて考えるチャンス。プランニングのヒントとして活用してくださいね!

Thank you for subscribing.

Something went wrong.

Tags
Close
X