キーワード中学・高校中学校政治・行政高校

スーパーグローバルハイスクール(SGH)【Super Global High-school】

スーパーグローバルハイスクールとは?

文部科学省は、2014年度より全国の高校100校を「スーパーグローバルハイスクール」(SGH)に指定し、5年間の支援期間を設け、英語力に加え幅広い教養や問題解決力も身につけた生徒の育成を促していく。

国際化を進める国内外の大学や企業、国際機関等と連携を図り、外国語を使う機会の飛躍的増加、先進的な人文科学・社会科学分野の教育の重点化等に取り組む高等学校等を「スーパーグローバルハイスクール」に指定。

質の高いカリキュラムの開発・実践やその体制整備を支援していく。予算規模は、1校あたり2900万円を予定している。


By: MC Quinn

文部科学省の「初等中等教育段階におけるグローバル人材の育成」資料
文部科学省の「初等中等教育段階におけるグローバル人材の育成」資料

”スーパー高校”としては、すでに科学技術関係に力を入れている「スーパー・サイエンス・ハイスクール」(SSH)と、英語に力を入れている「スーパー・イングリッシュ・ランゲージ・ハイスクール」(SELHi)が国により指定されている。

SSHは、毎年新規指定があり累計200校を突破、いっぽうSELHiは、2007年に累計169校となったのを最後に指定事業が終わってしまった。

英語を身につけるという目的では一定の成果が上がっていたものの、身につけた英語をどう生かしていくのかに焦点が移ってきたため。

SGHでのおもな取り組みは、以下の内容を予定している。

  • 人文科学・社会科学分野の先進的な教育課程の開発・実践(教育課程の特例の活用を想定)
  • グループワーク・ディスカッション、調査研究・論文作成・プレゼンテーションの実施(英語によるものも含む)
  • 国際的素養を身に付けたグローバル・リーダーの育成を図る指導方法の研究・蓄積
  • 帰国・外国人生徒の積極的受入
  • 海外研修など海外の高校・大学との交流機会の充実
  • 外国人教員の活用

最新情報をFacebookにて
いちはやくお届け!


Globaledu on Weekends

Globaleduで紹介した記事を、その週末の土曜朝にメールマガジンにまとめてお届けします。家族が集まる週末は、未来の学びについて考えるチャンス。プランニングのヒントとして活用してくださいね!

Thank you for subscribing.

Something went wrong.

Tags
Close
X