キーワード中学・高校政治・行政高校

スーパー・サイエンス・ハイスクール(SSH)【Super Science High-school】

スーパー・サイエンス・ハイスクールとは?

スーパー・サイエンス・ハイスクール Super Science High-school」(SSH)は、文部科学省が科学技術や理科・数学教育を重点的におこなう高校を指定する制度で、2002年にスタート。

将来の国際的な科学技術関係の人材を育成することを目的としている。

公募制となり、指定を受けた高校は5年間、「科学技術振興機構」(JST)の支援を受け、テーマやカリキュラムを決めて活動する。

Super-Science-High-school
1校あたり年間900万~1700万円が事業費として助成される。

指定された高校では、学習指導要領によらない独自のカリキュラムを開発することができ、それに必要な実験、研修、講師派遣などにかかる費用に相当の予算が配分される。

(指定された一部の高校に予算を集中させるのは教育の機会均等の観点から好ましくない、との批判的な意見もある)

Super-Science-High-school2

2013年度にも新たに43校が内定し、累計201校になった。

最新情報をFacebookにて
いちはやくお届け!


Globaledu on Weekends

Globaleduで紹介した記事を、その週末の土曜朝にメールマガジンにまとめてお届けします。家族が集まる週末は、未来の学びについて考えるチャンス。プランニングのヒントとして活用してくださいね!

Thank you for subscribing.

Something went wrong.

Tags
Close
X