【京都大学】コロナ禍に生き抜くヒントをシェアする「立ち止まって、考える」オンライン講義 2/7〜

Fayサマースクール2023ウェビナー
帝京可児説明会

コロナ禍に生き抜くための智慧を共有

「京都大学」人社未来形発信ユニットは、オンライン講義「立ち止まって、考える」シーズン2を、2021年2月7日(日)よりYoutubeにて無料配信します。

本講義シリーズは、コロナパンデミックを共通テーマに据え、社会学・科学哲学・美学などさまざまな人文社会科学分野の教授陣が授業を展開。

2020年夏に公開されたシーズン1は、1万5600人がリアルタイム視聴し、累計再生回数は2万5147回。YouTubeライブのチャット機能を通じて、受講者とともにコロナパンデミックを論ずることで、新たな時代を生きるためのヒントとなる「座標軸」を社会に提供するプログラムとなっています。

2月7日(日)から毎週土日に配信される講義は、全10名の京大講師陣がそれぞれ1時間程度の授業を2回受け持つ形になります。

  • [科学哲学] 科学哲学の観点からみたコロナをめぐる言説…文学研究科・准教授:伊勢田哲治
  • [西洋哲学史] パンデミックから考える権力と国家 フーコーからヘーゲルへ…文学研究科・教授:大河内泰樹
  • [倫理学] 会話と社交の倫理学…文学研究科教授・水谷雅彦さん
  • [現代技術文化史] 技術文化史から考えるポストコロナ社会…文学研究科教授・喜多千草さん
  • [社会学] コロナ禍における外国人住民と質的調査…文学研究科准教授・安里和晃さん
  • [文化遺産学] 文化遺産が語る人類と災禍1〜2…文学研究科教授・吉井秀夫さん
  • [文化遺産学] 文化遺産が語る人類と災禍3〜4…文学研究科助教・内記理さん
  • [文化遺産学] 文化遺産が語る人類と災禍5〜6…文学研究科助教・冨井眞さん
  • [西洋美術史] 人をつなぐものとしての美術 前近代の西洋美術に注目して…文学研究科教授・平川佳世さん
  • [美学] 「ふれる」ことの美学…文学研究科准教授・杉山卓史さん

講義はこちらのYoutubeチャンネルを通じてリアルタイムに配信され、申し込み不要で視聴することが可能。くわしくは「立ち止まって、考える」公式サイトで確認を。


【オンライン公開講義「立ち止まって、考える」シーズン2】

  • 主催:「京都大学」人社未来形配信ユニット
  • 期間:2021年2月7日(日)〜3月21日(日)毎週土日各日2回(11〜12時、14時〜15時)配信
  • 参加:無料




7,575Fans
3,575Followers
273Followers
  1. 【Operation Smile】世界の高校生がペルーに集い、発展途上国の人々…

  2. 【UWC ISAK】リーダーシップ、マインドフルネス、デザイン思考を集…

  3. 【TEDxOgikubo2023】Making the Futureをテーマに小学生もはなまる…

  4. 【昭和女子大学附属小】卒業時は英検2級レベル…国社道徳以外を英語…

  5. 【日米学生会議2023】日米の学生が日本を横断しながら多様な視点で…

  1. ブリティッシュ・カウンシル英会話スクール

  2. グローバルリーダー養成プログラム「TOPPA!!」

  3. ワールド・アローズ・インターナショナルスクール World Arrows Int…

  4. 帝京大学可児高等学校「国際バカロレアコース」

  5. アントレ&リーダシップ教育「DECA JAPAN」

イベントカレンダー

january, 2023