中学・高校学ぶしくみ

【学ぶしくみ02】ハートのある人となれ…Global Teacher髙橋一也氏が受け継ぐ教師の遺伝子

shikumi2

グローバル時代も「大切なのはハート」

頭のいい人は山ほどいるけれど、いちばん大切なのはハート。ハートのある人を育てたいんですよ。そして、自分の人生は自分でハンドルする。学んだことに責任を持ち、人の役に立てる人になってほしい。

21世紀に生きる子どもたちにとって、もっとも大切な教育は——?

育児中の親ならば誰もが知りたい問いかけに、拍子抜けするほど明快に答えてくれたのが、髙橋一也氏(36才)だ。

takahashi4

髙橋氏は、ロンドンを拠点に活動する「バーキー基金」が主催する「The 2016 Global Teacher Prize」の「Top 10 Finalists」(世界の教師10人)に、日本人として初めて選出。

「The 2016 Global Teacher Prize Top 10 Finalists」に選ばれた先生たち。
「The 2016 Global Teacher Prize」 Top 10 Finalistsに選ばれた先生たち。

グランプリに選ばれた教師には、100万ドル(約1億1200万円)を授与。昨年の表彰式にはアメリカのクリントン元大統領も列席するなど、優れた教師を「未来を創る知の旅へ誘う存在」として称えるために、2015年に創設されたばかりの賞だ。

2回目となる2016年度の表彰式は、3月13日にドバイで開催される予定となっており、髙橋氏を含むファイナリスト10名によるパネルディスカッションのほか、グランプリ受賞者も決定する。

グローバル教育発信地となった八王子

髙橋氏が教鞭をとるのは、東京・八王子市にある「工学院大学附属中学校」。

JR「八王子駅」からは、さらにバスに揺られて20分。「工学院大学」八王子キャンパスと1本道を隔てた敷地に、附属中学校・高校の校舎はある。
JR「八王子駅」からは、さらにバスに揺られて20分。「工学院大学」八王子キャンパスと1本道を隔てた敷地に、附属中学校・高校の校舎はある。

昨今、少子化の影響により私立中学校の受験者数も減少傾向にあるが、多くの学校がグローバル教育を軸としたカリキュラムを導入するなど、私学ならではのフレキシブルな態勢で多様化するニーズを取り込もうとしている。

工学院附属中学でも2015年度よりコースを刷新し、「ハイブリットインターナショナルクラス」など3コースを新設。高橋氏が担任する1年C組の生徒20名は、ハイブリットインターナショナルクラス1期生として入学した。

主体的に学び考える授業▶

最新情報をFacebookにて
いちはやくお届け!


Globaledu on Weekends

Globaleduで紹介した記事を、その週末の土曜朝にメールマガジンにまとめてお届けします。家族が集まる週末は、未来の学びについて考えるチャンス。プランニングのヒントとして活用してくださいね!

Thank you for subscribing.

Something went wrong.

1 2 3次ページへ
Tags
Close
X