【多摩美術大学】小中高生講座「2022年度ひらめき☆ときめきサイエンス」

海外大学進学セミナー

多摩美の研究成果を子どもたちに発信

「多摩美術大学」(東京・世田谷区/八王子市)は、小中高生に向けた講座「2022年度ひらめき☆ときめきサイエンス」を、①2022年7月23日(土)、②8月4日(木)に開催します。

多摩美術大学は、八王子キャンパスと上野毛キャンパスをもつ美術大学。「自由と意力」を大学の理念として掲げていて、芸術に立脚し、能動的に未来を切り拓いていくことのできる人材を養成する大学

ひらめき☆ときめきサイエンスは、全国の大学や研究機関で行われている科学研究費助成事業(科研費)によって得られた最新の研究成果を子どもたちに発信し、直に見る、聞く、触れることで、科学のおもしろさを感じてもらうプログラム。

開催されるプログラムは、以下のふたつ。

①「成長することば─不思議なオノマトペの世界を絵本で表すワクワク体験講座!」

小さな子どもが、犬を指さして「ワンワン」と言ったり、車を指さして「ブーブー」と言ったりするように、音、声、様子などを表すことばをオノマトペといいます。笑顔のときは「ニコニコ」、楽しいときは「ワクワク」、これらもオノマトペ。オノマトペは小さなころからよく使うことばのひとつですが、使うオノマトペも成長とともに変わってきます。

このプログラムでは、赤ちゃんも大人も使っているオノマトペを題材に、普段何気なく使っていることばがどのように成長していくのか言語学者になって分析します。分析後は絵本作家に変身し、オノマトペの不思議な世界を絵本で表現します。

②「テキスタイルデザイン入門:古布を刺し子でリサイクルしながらSDGsについて学ぼう」

インドネシアの伝統的なバティックの古布を、日本のさしこ技法を使ってリメイクする講座。インドネシアで古くなったり、使われなくなった布を、リサイクル&リユースして、エコロジカルなバティックバッグをデザイン。「もう古くて使えない」とあきらめていたものを、「デザインの力」で「新しいものにデザイン」できるということを実践し、社会に向かってリサイクル&リユースしながらデザインすることの素晴らしさをメッセージとして発信します。

どちらのプログラムも、参加費は無料で定員が20名。応募が多い場合は抽選となり、プログラムごとに対象年齢や会場、申し込み締め切り日が違うため注意が必要。

絵本作りやテキスタイルに興味のある人は応募してみては。詳細は、「ひらめき☆ときめきサイエンス」申込サイトから確認を。


【2022年度ひらめき☆ときめきサイエンス】

  • 主催:多摩美術大学
  • 開催日時:①成長することば/2022年7月23日(土)10時~17時、②テキスタイルデザイン入門/8月4日(木)10時~16時40分
  • 場所:①多摩美術大学上野毛キャンパス、②多摩美術大学八王子キャンパス
  • 対象:①中学生、高校生、②小学校5・6年生、中学生、高校生
  • 定員:各20名(抽選)
  • 参加:無料
  • 申込締切:①2022年7月10日(日)、②6月30日(木)

ロジカルライティング講座

7,575Fans
3,471Followers
125Followers
  1. 【帝京大学可児高校】国際バカロレアで成功するコツ、海外大学への…

  2. 【冬休み★4夜オンラインセミナー】米国・EU・アジア・オセアニア11…

  3. 【英検2023】従来型英検の本会場実施日程は、①6月4日、②10月8日、③1…

  4. 【フィエスタ・デ・エスパーニャ2022】2年ぶりに開催…日本最大のス…

  5. 【東京工業大学】総合型・学校推薦型選抜で「女子枠」導入…2024年は…

  1. 国際高等専門学校(International College of Technology)

  2. アゴス・ジャパン(海外大学専門予備校)

  3. 帝京大学可児高等学校「国際バカロレアコース」

  4. 成長のチャンスに満ちた国際学生寮「U Share西早稲田」

  5. アントレ&リーダシップ教育「DECA JAPAN」

december, 2022

11decallday【締切】TOPPA!「グローバル・インパクトコース」

18decallday【〆切】山田進太郎D&I財団「STEM(理系)女子奨学助成金」②

X