英語4技能テスト

【7月20日】15年度は立教と関西大も採用…英検×上智開発の英語試験「TEAP」第1回目実施

受験資格は高校3年生以上

「日本英語検定協会」(東京・新宿区、英検協会)は、英語能力判定試験「ティープ  TEAP」(Test of English for Academic Purposes)第1回試験を、2014年7月20日(日)に実施します。

「TEAP」は、大学受験者を対象に、英検協会と上智大学が5年間をかけて共同開発した、4技能型アカデミック英語能力判定試験。

TEAP

受験資格は高校3年生以上で、スコアは2年間有効。

受験者は各大学が設定する「TEAP」の出願基準をクリアすれば、入試日に英語の試験を受験する必要はありません。

15年度入試では、現在のところ3大学が採用を決定(中央大学、筑波大学も採用を検討中)。

  • 上智大学…一般入試(国際教養学部を除く全学部全学科)
  • 立教大学…自由選抜入試(異文化コミュニケーション学部/異文化コミュニケーション学科、経営学部/経営学科、国際経営学科)
  • 関西大学…アドミッション・オフィス入学試験(AO入試)、スポーツ・フロンテア入学試験(SF入試)、指定校推薦入試、併設校卒業見込者特別推薦入学試験(外国語学部)
「Reading」「Writing」はペーパー試験、「Listing」はリスニングテスト、「Speaking」は面接官との1対1のやり取りで評価。

14年度は3回実施され、第1回目の試験は14年7月20日(日)(Reading/Listingのみ)。

2回目の9月20日(土)にはWritingを追加し、3回目の12月14日(日)にはさらにSpeakingを追加して実施します。

試験は、札幌、仙台、東京、名古屋、大阪、広島、福岡の全国7会場(14年度のWriting、Speakingは東京と名古屋でのみ実施)。

受験料は、Reading/Listingが6000円、Reading/Listing+Writingが1万円、Reading/Listing+Writing+Speakingが1万5000円。

申し込みは、英検「TEAP」のサイト上からのみ受け付けています。


【英語能力判定試験「ティープ TEAP」第1回試験】

  • 主催:公益財団法人日本英語検定協会
  • 日程:2014年7月20日(日)
  • 受験料:6000円(Reading/Listing)
  • 申込締切:クレジットカード支払いの場合/7月1日(火)、コンビニ・郵便局ATM支払いの場合/6月20日(金)

最新情報をFacebookにて
いちはやくお届け!


Globaledu on Weekends

Globaleduで紹介した記事を、その週末の土曜朝にメールマガジンにまとめてお届けします。家族が集まる週末は、未来の学びについて考えるチャンス。プランニングのヒントとして活用してくださいね!

Thank you for subscribing.

Something went wrong.

Tags
Close
X