英語4技能テスト

【TEAP CBT】ICT型問題でより高度な英語力を判定…16年10月にコンピュータ方式導入

国際標準型CBT方式を導入

「(公)日本英語検定協会」(東京・新宿区)が実施する「TEAP(ティープ)」は、コンピュータ上で受験する「TEAP CBT」(Computer Based Test)を、2016年10月から導入します。

2016年度は10月に1回のみ東京と大阪の2都市で実施しますが、17年度以降は1年に複数回開催予定です(実施都市も拡大予定)。

teap-cbt

「TEAP」(Test of English for Academic Purposes)は、日本英語検定協会と「上智大学」が大学入試での活用を想定して共同開発した、4技能型アカデミック英語能力判定試験。

2014年7月に第1回試験が実施され、9月と11月もしくは12月の年3回、全国11ヵ所の試験会場にて実施。2016年度試験は、7月24日(日)、9月25日(日)、11月20日(日)を予定しています。

受験資格は高校2年生以上。志願者数は、14年度に1万67名、15年度には1万3126名にのぼるそうです。

ICT型問題でより高度な英語力を判定

通常のTEAPでは、「Reading」(70分)と「Listening」(約50分)はマークシートによる択一選択方式、「Writing」(70分)は解答用紙への記入、「Speaking」は1対1の面接方式(約10分)となります。

受験パターンは、4技能(RL+W+S、1万5000円)、3技能(RL+W、1万円)、2技能(RL、6000円)。

【関連記事】「TEAP」関連記事一覧

CBTでは、LRSW(4技能)、LR(2技能)の2タイプを実施(16年10月)。Speakingはよりテスト時間を長くし、Writingは統合型の問題を増やすそうです。

統合型問題の例( Writing)。
統合型問題の例( Writing)。

また、英語での指示を解釈しながらコンピュータ上で操作を行うICT問題を導入し、より高度な思考力や判断力、表現力を問う問題を3種類出題する予定です。

画像を組み合わせたICT操作により解答することで、内容を正しく理解し、適切に推論しているかを測定。
画像を組み合わせたICT操作により解答することで、内容を正しく理解し、適切に推論しているかを測定。

スピーキングは、オンラインでのインタラクティブな対面方式となります。

質問に関連するタイトルを選び、要約を読みすすめながら正しい本文にたどり着くことで、正解が可能になる問題。情報検索能力と効率的に読む力を測定。
質問に関連するタイトルを選び、要約を読みすすめながら正しい本文にたどり着くことで、正解が可能になる問題。

800満点で評価

TEAPでは各セクション100点満点の配点ですが、CBTでは各200点満点、4技能を計800点満点で採点します。

難易度は、日本の高校生のレベルに合わせた「CEFR」A2(易)→B2(難)レベルとなっており、結果は4技能ごとのスコアとCEFRバンドで表示。

CEFRバンドと、「CSE2.0」(英検協会が開発した独自のスコア尺度)、TEAPCBT、 TEAP、英検の対照表は下記のとおり。

【関連記事】2016年度試験より英検は「CSE2.0」に基づき合否判定

  • C1…CSE2.0スコア/2600-3300、TEAP CBT/800、TEAP/400、英検/1級
  • B2…CSE2.0スコア/2300-2600、TEAP CBT/600-795、TEAP/334-399、英検/準1級
  • B1…CSE2.0スコア/1950-2300、TEAP CBT/420-595、TEAP/226-333、英検/2級
  • A2…CSE2.0スコア/1700-1950、TEAP CBT/235-415、TEAP/150-225、英検/準2級

テストの内容や実施の詳細は、4月下旬ごろに発表される予定です。

くわしくは、「TEAP」公式サイトで確認を。


【TEAP CBT】

  • 主催:(公)日本英語検定協会
  • 開始:2016年10月
  • 実施回数:2016年度は1回のみ、2017年度以降は1年に複数回開催予定
  • テストの種類:LRSW(4技能)、LR(2技能)の2種類
  • 開催都市: 2016年度は東京と大阪の2都市(2017年度以降は拡大予定)

最新情報をFacebookにて
いちはやくお届け!


Globaledu on Weekends

Globaleduで紹介した記事を、その週末の土曜朝にメールマガジンにまとめてお届けします。家族が集まる週末は、未来の学びについて考えるチャンス。プランニングのヒントとして活用してくださいね!

Thank you for subscribing.

Something went wrong.

Tags
Close
X