国際バカロレア国際バカロレア認定校高校

【東京学芸大学附属国際中等教育学校】15年3月DP校認定…国公立校初MYP+DP一貫教育校へ

DPは希望者のみに提供

「東京学芸大学附属国際中等教育学校」(東京・練馬区)は、2015年3月31日に「国際バカロレア(IB)」ディプロマプログラム(DP)の認定校になりました。

東京学芸大学附属国際中等教育学校は、日本語ディプロマを推進する「国際バカロレア・デュアルランゲージ・ディプロマ連絡協議会」の幹事校。

2010年から1年生から4年生を対象に中等教育プログラム「MYP」を実施しているため、国公立で初のMYP・DP一貫教育校となります。

【関連記事】生徒全員がMYPを受講する東京学芸国際

授業開始は2016年4月からとなり、「デュアル・ランゲージDPコース」として1学年に1クラス設置し、生徒数は15名前後を予定(希望者から選抜)。

日本語デュアル・ランゲージプログラムなので、英語とアート以外は日本語で授業を行うことが可能。

学芸国際

詳細は、7月26日(日)に開催される学校説明会で資料が配られるそうなので、関心のあるファミリーは参加を(要予約)。

くわしくは、「東京学芸大学附属国際中等教育学校」公式サイトで確認してください。


【デュアル・ランゲージDPコース】

  • 東京学芸大学附属国際中等教育学校(東京都練馬区東大泉5-22-1)
  • 開設:2016年4月
  • 定員:1学年15名前後(予定)
  • 言語:日本語デュアル・ランゲージプログラム
  • 学費:通常の授業料+IB教育費

最新情報をFacebookにて
いちはやくお届け!


Globaledu on Weekends

Globaleduで紹介した記事を、その週末の土曜朝にメールマガジンにまとめてお届けします。家族が集まる週末は、未来の学びについて考えるチャンス。プランニングのヒントとして活用してくださいね!

Thank you for subscribing.

Something went wrong.

Tags
Close
X